作家志望の不定期ブログです。
無色の翼、鳥は何処に向かうのか?
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ひさしぶりに時間をかけて
2013-05-11-Sat  CATEGORY: 雑記
ようやく余裕が出来たので、
久し振りにこっちに時間書けますです。

ここ一、二年くらいアテルイをネタにした小説を書いているので、
東北行きたいんですよね、東北。特に岩手行きたいです。

岩手というと、世界遺産に選出された平泉ですね。
奥州藤原氏が栄えさせた都です。平安時代の頃は
京都にも匹敵する都だったそうです。

あと、遠野ですね。
ちなみに、遠野の遠野はここが由来……
ではありません! ので、あしからずwwww
河童とかと遭遇したいですね。まぁ、相撲はしませんが。

ちなみに、河童はキュウリに蜂蜜はアリ派でしょうか???
あれは無いと思っているんですが、キュウリなら何でもアリw

あと、三大冷麺とか制覇してみたいですね。
私はあまり食う方ではないので、わんこそばをたくさん食える自信は
全然ないのですが。あと、冷麺もジャージャー麺も食いたいので。

あと、東北の太平洋側は、さんまがイイですね。
あっ、私、さんまのワタは駄目な人です。
苦いの駄目。というか、魚のワタとか嫌。
あいつら、ゴカイとか餌にするし。
何食ってるかわからないワタを食いたくなーいwww

そういえば……、人死が出ると急に増殖したり……
と怖い話は止めましょう。都市伝説、きっと。

前沢牛、食べたい。前沢牛。
牛、牛、牛!!

ただ、それだけで愛せますwww

まぁ、食い物の話はさておき。
岩手に一番行きたい理由は、歴史を追ってみたいからなんですよね。
割と長いこと、アテルイを元ネタにした小説に取りかかっているので。

アテルイは最近ドラマになったので、知っている人も多いと思いますが、
平安時代初期頃に東北地方にいた蝦夷の軍事的指導者です。
まぁ、ちなみにドラマは見てなかったんですがww

平安時代初期ってのは、
まだ朝廷の支配が日本全土に及んでなかった時代ですね。
この頃は、まだ関東とか、東北とかは、まだ朝廷に従っていませんでした。

そういう人達を朝廷は、蝦夷(えみし)と読んでました。

蝦夷と書くと、アイヌとかをイメージする人も多いでしょうが、
そっちは同じ字ですが、蝦夷(えぞ)と読みます。

まぁ、読み方の話は余談です。
当時の蝦夷(えみし)、アテルイ達を討伐するために、
ある職が作られることになります。

それが、征夷大将軍です。

征夷大将軍というと、源頼朝とか徳川家康とか、あと足利ナントカがw
幕府を開いた役職として有名ですが、蝦夷を征討するための将軍、
それが本来の征夷大将軍の役目でした。

そして、征夷大将軍として、
蝦夷の指導者アテルイを討伐したのが、
坂上田村麻呂です。

えぇ、苗字が二つありますねwww

この坂上田村麻呂の子孫に、坂上氏と田村氏がいる以上、
冗談と一言で割り切れないところが、さすがです。

そうそう。
この田村麻呂の子孫である田村氏ってのは、
後の独眼竜、伊達政宗の正室となる愛姫の家系になります。
歴史ってのは繋がってますね。

あぁ~、牛タンが食べたいです。

アテルイ亡き後、東北地方まで朝廷の支配力が届き、
奥州藤原氏の時代になります。

この奥州藤原氏が、上記の平泉を栄えさせます。
後の世界遺産、万歳ですね。

奥州藤原氏ってのは、
源頼朝に追われていた源義経を匿った一族です。
ちなみに、義経が死んだのも平泉です。
義経堂とかあるので、一度行きたいです。

べんけーい!!!

あんなにも栄えた奥州藤原氏も
源頼朝によって滅んでしまう。
そんな哀愁を歌にしたのが、松尾芭蕉。

「夏草や兵どもが夢の跡」って奴です。

歴史は繋がってますね~。
はぁ、旅行行きたいです。

明日、ロードのためにドカッと金を使っちゃう予定なので
金はなくなるし、仕事は忙しいので時間もない。
なかなか機会に恵まれませんが、いつか行きたい。

じゃあ、今日はこの辺で。
関連記事
スポンサーサイト
トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/04 >>
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


Copyright © 2017 無色の翼、鳥は何処に向かうのか?. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。