作家志望の不定期ブログです。
無色の翼、鳥は何処に向かうのか?
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
SNMP(1)
2011-10-04-Tue  CATEGORY: 学習ノート
※ネットワーク学習用のノートです。
 興味ない人は、すっ飛ばしてください。

ちょっと学習ノートをWEBの方にも
残しておこうってことで始めました。
専門用語たくさんありますが、
ザックリしたメモなので頑張れば、
まぁ、理解できるかもです。

個人的なアレなので、
間違いがあるかもしんないですw



【SNMP:Simple Network Management Protocol】
TCP/IPネットワークにおいて、
各機器を監視や制御を行なうプロトコル

監視対象はネットワーク接続されたルータやスイッチ等の通信機器や
端末やサーバなども監視対象。監視や制御は、ネットワークを
通じて行なわれる。

SNMPマネージャ(管理ソフトウェア)と
 SNMPエージェント(監視対象の機器)との間で、
 定期的な管理情報の読み出し(ポーリング)や
 問題発生した際に機器側からの報告(TRAP)などが
 行なわれている。

 ▼SNMPマネージャ
  SNMP管理ソフトウェア
  ↓SNMPエージェントと通信をして管理情報を集める役割。
  集めた情報を適切に書こうして管理者に渡したり、
  エージェント情報を書き換えたりする。
  UDPポート162使用。

 ⇒SNMP管理の中心。
  監視サーバのPCにインストール。

 ▼SNMPエージェント
  SNMP監視対象の機器に組み込まれたソフトウェア。
  管理情報をSNMPマネージャに提供する。
  UDPポート161を使用。

 ⇒ルータやスイッチなどがSNMPエージェント機能を持つ。

 ▼ポーリング
  定期的に管理情報を読み出す。
  マネージャ(監視サーバ)から、
  エージェント(監視対象)に実行。

 ▼TRAP
  問題や障害が起こった時に通知する。
  エージェント(監視対象)から、
  マネージャ(監視サーバ)に実行。

※バージョンなどについては割愛。
 SNMPversion 1~3まである。

【MIB:Management Information Base】
管理情報ベース。
SNMP管理されている機器が、自機の状態(コリュジョン数、
エラーフレーム数、VLAN設定情報、ルーティングテーブル)など
外部に知らせる公開情報。

物理/論理ネットワークやプロトコルなどの
情報要素の規定を指す。

MIBは規定。管理情報のデータベース。
 個々の情報は、オブジェクト(Object)と言い、
 オブジェクトを区別するための識別子を
 「OID:オブジェクトID」と言う。
 
 ▼OID:Object IDentifier
 MIB定義された個々の情報(オブジェクト)を区別する識別子。

※MIBツリーやバージョンについては割愛。




MIBツリーについては……やるかなぁ?
アレ、図がないと意味不明ですし。

じゃあ、今日はこの辺で。
関連記事
スポンサーサイト
トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/11 >>
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


Copyright © 2017 無色の翼、鳥は何処に向かうのか?. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。