作家志望の不定期ブログです。
無色の翼、鳥は何処に向かうのか?
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
OSIはISOでアプセトネデ物
2011-07-22-Fri  CATEGORY: 雑記
↑のタイトル、
知っている人じゃないと
意味不明な呪文ですよね。

システムでもネットワークでも
多少IT系かじった人間なら、絶対知ってます。
知らないと、インター博士に殺されますw

インター博士って誰?って思った人は、
「3分間ネットワーキング」で検索しみてください。
わかりやすくネットのあれこれが説明してくれる
偉大な教授様です。大変お世話になった方w



↑のタイトルを解説すると……

OSIというのは、
「OSI参照モデル」のことです。

で、そのモデルを作ったのが、
ISO(International Organization for Standardization)
国際標準化機構です。

OSI参照モデルは、
プリケーション層
レゼンテーション層
ッション層
ランスポート層
ットワーク層
ータリンク層
理層
から成り立ってて、頭文字を取って覚えるのが一般的ですかね?



↑のOSI参照モデルというのは、
ネットワーク機器の製造する際のモデルとなるモノです。
ネットワークの働きを独立した層として分ける
概念的なモノと考えてもいいでしょうか?

……って、言ってもわかりませんよねww

私も大学の情報処理概論で
チラッと聞いた時は、何コレ???
って思いました。



たとえば、ネットワーク機器を作るとして、
各ベンダー企業が独自の形で作ったら、
相互通信とか出来ませんよね?

「A社」が「Z社製の機器」を使ってネットワークを組んでて、
「B社」が「Y社製の機器」を使ってネットワークを組んでたとします。

これで、「A社」と「B社」が
機器の相互通信が出来ないってことになったら、
不便ですよね? ネットワークの意味ないですよね?

そのため、「Z社製の機器」と「Y社製の機器」が
相互通信するために、標準規格となる物が必要なんです。
それがOSI参照モデルの役目の一つです。

ISOは国際標準化機関なので、
ネットワーク系以外でも、ちょくちょく聞きます。
工業製品の規格によく出てくる単語です。
まぁ、ネットワーク機器も工業製品ですがww



○○層と分かれているのは、
もちろん意味があります。

機能が独立しているんです。

役割を分けることによって単純化し、
複雑な構造にならないようにしています。
規格が作りやすかったり、理解がしやすかったり、
機能拡張しても他の層に影響がない、
など利点がたくさんです。



皆さんがよく聞く「IP」ってのは、
レイヤー3「ネットワーク層」の機能です。
これ、論理的に決められている数値で……
って言ってもわかりませんね。

要は、これ実は勝手に設定変えること出来るんです。

まぁ、もちろん設定変えたら通信は出来ませんが、
勝手に変えることもできる数値なんです。
絶対固定の数値じゃないです。

細かい説明は省きますが、
実は通信中にIPアドレスって変わってたりするんですよ。

えっ? 変わってるのに、通信できんの?

って疑問に思う方もいると思いますが、
その質問に答えるには、おそらく激長文に
なるので割愛します。




ただ、IPアドレスの代わりに、
絶対固定のアドレスがあります。
それが各機器に割り当てられた「MACアドレス」
ってのがあります。

これは機器のROMに刻まれていて、
絶対に変えられないアドレスだったりします。

MACアドレスは「データリンク層」の機能です。
通信は「IPアドレス」と「MACアドレス」の
両方を利用して行なわれています。

だから、通信途中で「IP」が変わっても、
他のレイヤーの機能で補って通信します。



……まぁ、正確な表現ではないですが、
おおよそのイメージが掴めたらOKです。

幾つかレイヤー(層)があって、
そのレイヤーごとの機能を利用して
通信を行っているんです。

なんか、小難しい話になりましたね。
次からネットワークの話をちょっとしようと思ったんですが、
その前にはOSI参照モデルはやっておかないと
あかんかったんです。

このモデルなしにネットワークは語れません。
ホント、絶対に。


じゃあ、今日はこの辺で。
関連記事
スポンサーサイト
トラックバック0 コメント2
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
No title
コメントまどるD | URL | 2011-07-23-Sat 00:57 [編集]
Oh……難しい。にしても日ごろ使っているIPって変わってるんですね! 知らなかった……
Re: No title
コメント遠野秀一 | URL | 2011-07-23-Sat 02:23 [編集]
まどるDさん、コメントありがとうございます。

私も自分で書いてて難しかったですw
IP変更のこと少し詳細に説明すると……

IPには、「LAN」内だけで使えるアドレスと、
「インターネット」で使えるアドレスがあるんですね。
なので、「LAN」のPCから、「インターネット」に通信を行う時、

LANのPCのIPアドレス
 ⇒LANとインターネットを繋ぐルータ
  ⇒インターネット用のIPアドレスに変更
   ⇒インターネット

という感じでIPアドレスが変更されて通信されるんですね。
トラックバック
TB*URL
<< 2017/10 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


Copyright © 2017 無色の翼、鳥は何処に向かうのか?. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。