作家志望の不定期ブログです。
無色の翼、鳥は何処に向かうのか?
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Helloは基本
2011-04-28-Thu  CATEGORY: 雑記
気付けば、カウンターがもうすぐ10000になりますね。
10000になる頃には、小説一本上げられると思います。

いろいろ合間見て
春企画用に書いてたんですが、
ちょうどいいタイミングで公開できそうな感じです。



まぁ、そういう前置きは終わりにして。
何事も「Hello」は基本ですよね。

挨拶大事。
って、実はそういう話じゃないです。
前回、ネットワークの話をしたと思いますが、
そっち系の話です。興味があったら、追記をどうぞ。



ルータ同士が通信を行う際のプロトコル、
つまり通信上の規約、システム的な機能のことを
ルーティングプロトコル、といいます。

このルーティングプロトコル、
実に複雑怪奇で面倒くさい物なんですが、
これの基本も「Hello」なんですよ。

「Hello」は英語のあいさつの方ではなく、
前回の記事に出てきた方のHelloです。

HSRP機能において、
離れたルータ同士で「お前生きてるか~?」って
確認するための通信です。

Helloパケットの中身について
云々カンヌン言うとそれだけで
訳わからなくなるんで割愛しますが、
とにかくルータ同士が一定間隔で送っている生存確認パケット
と思ってもらえれば結構です。

ルーティングプロトコルはいくつもあるんですが、
基本的に「Hello」で離れたルータの生存確認をしています。
これをやっていないルーティングプロトコルはありません。多分。
……少なくても私の知る限りないです。




「Hello」という名称でなくても、
ルーティングプロトコルでは必ず通信をしあっているはずです。

ルーティングプロトコルは
通信の規約、システムみたなことを言いましたが、
もっと要約すると、「通信経路を選ぶ機能」です。

IPアドレスなどの情報をもとにして、
宛先へとデータを送信する。
そのための経路を選択する。
それがルーティングプロトコルです。



で、この経路を選択するためには、
宛先までの経路を知っていないといけませんよね?

だって、宛先までの道がわからないと
データなんて送れるはずがないですから。

だから、ルータはルーティングプロトコルという機能で、
互いに情報を交換して、経路を把握しているんです。

で、経路の途中に問題があれば、
ここは通れません!ってことを
教え合ったりします。

Helloは、↑の経路中の通信問題を見つけるための機能です。

HSRPでも離れたルータで障害が起きたら、
Helloの有無でそれを判断してましたよね。
それと同じです。



Hello、基本。
でも、人間同士というネットワークでもHelloは基本です。

Hello、何事も円滑にしてくれる大事なモノです。
しっかりHelloを使いましょう。


じゃあ、今日はこの辺で。
関連記事
スポンサーサイト
トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/11 >>
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


Copyright © 2017 無色の翼、鳥は何処に向かうのか?. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。