作家志望の不定期ブログです。
無色の翼、鳥は何処に向かうのか?
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
The Nursing Song of the God of Death(解釈編)
2010-04-25-Sun  CATEGORY: 詩 & 短編小説
後書きでチョロっと予告した解釈編です。

本編はコッチです。
The Nursing Song of the God of Death

基本的に、解釈丸投げな作品なんですが、
今回は自分が書いている時のイメージについて
語ってみようかなーと思います。

本編未読の方は変なイメージがついてしまうんで、
先に本編の方を読んでください。

まぁ、明確なイメージを持って読むと、
また印象が変わるかもしれませんがw



まずは登場人物、「私」と「君」の二人について。
皆様はこの二人にどんなイメージを持ちましたか?
この二人については特に性別を明記していません。
どっちが男で、どっちが女かという訳ではありません。

「私」=男、「君」=女、というのがスタンダードでしょうか?
「私」=女、「君」=男、でもOKだと思います。

女×女でもいいですし、
腐り気味の方には男×男でもいいんじゃないですか?
解釈は自由なんでw

あと、年齢もわかりませんね。

自分(作品内の「私」と被るので)のイメージでは、
「私」=三、四十代くらい渋めダンディw
「君」=十代後半か二十代前半くらいの世話焼き女房タイプw
えぇ、年の差カップルのイメージでした。

皆様のイメージはどうでしたか?
同年代でしたか? それとも年の差でしたか?



設定は「私」が殺し屋、「君」がターゲットでした。
最初の写真が~~とか、最後の無慈悲なトリガー~~とかは、
その辺を表してました。

でも、別の解釈だって出来ると思います。

写真だって、別に何かの名簿とかを見たとかでもいいですし、
トリガー=銃ではなく、何かの比喩と解釈も出来ると思います。
割と無理がある気もしますが、解釈は自由w


最後にエンディング。

「私」が「君」を撃ち殺したというパターンが
一番多いイメージなんでしょうか?

実は自分のイメージはコレじゃないんですよね。

まぁ、最初はこういうイメージがあったんですが、
最後で少しだけ変わりました。
もっと他の終わり方はないかなーと思いまして。

「私」は「君」を結局撃ち殺せず、
最後は「私」自身のこめかみに向けて……、バン!
自殺パターンです。それでも、切ないですが……。

最後の一行まで間があったのは、「私」の迷いです。

あと、直接発砲したという表現はないんで、
結局「私」は誰も撃たず、「君」を連れて逃げる、
ってエンディング解釈があってもいいと思います。

まぁ、これは書き終わってから思ったことです。
あぁ~、二人とも無事に逃げて、幸せに生きろ~みたいな?

そう思うと、割と救われるエンディングかなって思います。
いろいろ苦労しそうですが、二人一緒なら何とかなりますよw
愛があれば何でもできるさwww


結局、どう解釈するかは人それぞれですけどね。

こういうのはアレですね~。
最初に明確なイメージがないと駄目ですね。
何かリクでもあれば別ですが(催促じゃないですよw)

あと、「The Nursing Song of the God of Death」というのは、
直訳すると「死神の子守唄」になります。
書き忘れてましたw
関連記事
スポンサーサイト
トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/08 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


Copyright © 2017 無色の翼、鳥は何処に向かうのか?. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。