作家志望の不定期ブログです。
無色の翼、鳥は何処に向かうのか?
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(笑)とか『///』は小説に使っちゃいけないのか?
2011-02-12-Sat  CATEGORY: 雑記
つい最近、ツイッターで(笑)とか『///』を使ったものは
小説じゃないみたいなことが言われてたんですよね。

正直、イラッを超えて、カチンと来ましたね。

あァ?!
お前、何様だコラ?
表現の自由を否定する奴は都知事と同レベルなんだぞ?
わかってんのか、あァん?

とまぁ……、
かなり腹が立ったのですねー。
まぁ、私は↑みたいなの使いませんが、
それを使った小説を別に馬鹿にするつもりはないです。

私、基本的に物事は否定から入らないように心掛けてます。
まぁ、人間なので全てにおいてそうなっているかはわかりませんが、
なるべくそういう方針で生きてます。

なので、自分では「ないな~」と思っても、
人がしている場合はそれは駄目だとは思いませんし、
場合によっては「ないな~」ってのを覆してくれるモノを
見せてくれることだってあります。



っていうか、何故「///」とか(笑)とかを
小説で使うと駄目なんでしょうか?

程度が低い、と?

まぁ、全くオブラートに包まないで言うと、
こういうことですかね?

「///」とか使って、
こんな表現しか出来ないトーシロ、
マジうけるわ、ハハハハ!

って感じですか?
全くもって、「お前こそ何者だ?」って感じですね。
少なくても、表現そのものに対して
ケチをつけるのはおかしいですね。


(笑)とか「///」とかを使っていた小説を見て、
面白くなかったら、その作者に対して言ってやりましょうw

表現悪くないwww

まぁ、若干冗談気味ですが、
少なくても表現自体は決して駄目なものではないです。
それを活かせなかったのは作者の責任ですし。



実際、「///」とか使って、
「おぉ~、この表現は思い付かなかった」ってのはあります。
ブロともさんのところの無口なプリティガールが
「///」とやっている時は萌えましたw

アレは、私にはない発想だったので、
ちょっと「おぉっ!?」と思った瞬間でした。

「///」に限らず、なんか顔文字とか絵文字とか、
無口キャラに使えそうなので、書く機会があったら
いろいろやってみようかと…………考えるだけはしてますww



あと、屁理屈的なことを言うと、
小説内での表現で「掲示板」や「メール」の内容を描く時、
↑の使いますよね? 使わないと感じ出ませんし。

こういう発想も出来ないで、
(笑)とか「///」とかを使ってのは小説じゃない、
なんて言うのは、その人の発想力の貧困さを
露呈しているようなモノですしね。



まぁ、私は使わない派ですけどねw
少なくても、今のところの作風には合わないですし。
ただ、選択肢から完全に排除した訳じゃないです。
今のところ、↑の表現は合わないから使わないってだけで。

自分で選択肢を狭めるような
馬鹿な真似、絶対にしませんよww





はい、じゃあ、毒は以上で。
小説ネタに関しては毒気味でしたw

小説は文字の数以上に可能性がある媒体なので、
この表現はNGってのは思ってほしくなかった、
っていうお話でした。

じゃあ、今日はこの辺で。
関連記事
スポンサーサイト
トラックバック0 コメント6
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
No title
コメントnaomatrix | URL | 2011-02-12-Sat 22:43 [編集]
こんばんは。
(笑)をよく使っているnaomatrixです(笑)

そうですよね~、表現云々についてというのは小説だけじゃなくて、
いろんなメディアにもありますよね。
映画だとモノクロ映画は古臭いとか・・・
モノクロ映画をナメんな!!って言いたくなります。

表現の選択肢を自分で狭めるのは、気をつけなければなりませんね。
Re: No title
コメント遠野秀一 | URL | 2011-02-13-Sun 00:32 [編集]
naomatrixさん、コメントありがとうございます。

> そうですよね~、表現云々についてというのは小説だけじゃなくて、
> いろんなメディアにもありますよね。

ですねw
小説とか映画に限らず、
いろんな媒体で様々な表現がありますね。
NGだと思われる手法も使い方次第で
イイモノにもなりますよね。

例えば、naomatrixさんの好きなマトリックスとかも凄かったですね。
スローなのに、むしろスピードを感じられるとか、逆転の発想です。
発想力のある人、いつも羨ましいです(>_<)
No title
コメント空野海 | URL | 2011-02-13-Sun 11:23 [編集]
こういう表現って、人それぞれですからねー…。
自分は別に悪いとは思わないのですが、使うとしたら横書きの状態じゃないと受け付けないかもしれないです;
縦書きでそれを使われると、読書家としてはちょっとイラッとしますね。
ただ今話題の携帯小説では上記のような記号が使われることなんてざらにありますし、逆に使われていなかったら多分人気はあがらないと思います。

漫画も「この人の絵は好きじゃない」とか「下手」とか言われたりしていますが、ならお前は描けるのかよとw
漫画家にしろ小説家にしろ、なにか特徴がなければデビューしないわけですから、その作家さんの作品の「いいところ」を褒めつつ批評するのならまだしも……一方的だと本当にカチンときます。
最近、批判と批評を取り間違えている人がいるように思えて仕方ないです。
No title
コメント飯野 | URL | 2011-02-13-Sun 16:51 [編集]
どういう経緯があったのか把握はできてないけど、結局、小説だとか、文学とかカッコ付けたところで、所詮は文字媒体=記号。
言い換えれば、表現ツールでしか無いわけで、どう使おうがお好きにどうぞとしか言えないような気がする……。
 
確かに、インスタントな表現で読み手にウケるってこともわかるけど、一番重要なのは、表現したい物がそこにあるかってことでは無いかしら。
その上で、的確な表現が選択されていればそれでいいじゃない。
作品がこけて恥かくのは作者なんだし。
表現者なら、それくらいのリスクは背負って立つべきだしね。
 
極論、シリアスな時代劇作品で、記号や擬音、それこそ『(笑)』とか『///』を使っていても、一個の作品としてまとまっているのなら、表現としてはありだと思う。
……ただ、流行り廃りはあるから、しばらくして「m9(^Д^)」になることは避けられないけどね。
 
というか、この手の話題って服の着こなしと同じで、個々人の持つセンスの問題でしか無いんだよね。
乱暴に言えば不毛なの。焼け野原。
ただ、ブランド物の服をセンスなく着るより、しまむらの服をセンスよく着たほうが、ゼッタイおしゃれだし、見てて心地良い。
フォーマルな場に出るなら、燕尾は必須だけど、日常すべてがフォーマルな場所ではないから、普段着が中学のジャージでも構わない。
それと同じで、ニーズに合わせて表現を選択でき、かつ、それに見合った表現力を持っていることが重要だと思う。
 
その上で難癖をつけてくるなら、スタンスが違うってことでお引き取り願うほかないと思うなー。
 
え?記事の内容からズレている?
失礼しましたー。
Re: No title
コメント遠野秀一 | URL | 2011-02-13-Sun 23:57 [編集]
空野海さん、コメントありがとうございます。

> 縦書きでそれを使われると、読書家としてはちょっとイラッとしますね。
まぁ、縦書きだと見辛いですねw
英字とかも縦書きだとどうしようかって迷ったりします。

> 最近、批判と批評を取り間違えている人がいるように思えて仕方ないです。
もう最近じゃないですけどね、コレは。
ネットが広まってからは特にそういう感じはしますね。
匿名だからこそちゃんとしないといけないのに。
Re: No title
コメント遠野秀一 | URL | 2011-02-14-Mon 00:03 [編集]
飯野君、コメントありがとうございます。
まず長!?www

> どういう経緯があったのか把握はできてないけど、
いや、特に何も。
ただのRTですよ。
さぁ、ツイッターの大海へ来なイカ

> え?記事の内容からズレている?
> 失礼しましたー。
言い足りてなかったことが補完されている感があるので、
おkです。
トラックバック
TB*URL
<< 2017/08 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


Copyright © 2017 無色の翼、鳥は何処に向かうのか?. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。