作家志望の不定期ブログです。
無色の翼、鳥は何処に向かうのか?
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
どんな時でも一人じゃないよ
2010-04-17-Sat  CATEGORY: 雑記
ワイルドアームズ話の続きです。
自分がこのゲームと出会ったのは、本当に偶然です。

さして仲も良くなかった友人と一緒に帰ることがありまして。
今となってはどうしてそんな状況になったか全く思い出せませんが、
とにかくその時に頂きました。
カバーがボロボロになった攻略本付きで。

そもそも、その友人とは同じ小学校だったんで
知らない相手ではなかったんですが、特に親しかった訳じゃないです。
っていうか、一緒に帰った記憶が、その一度きりしかないです。

まぁ、本当に偶然ってのは凄いですね。
という訳で、割と自分は「偶然」というものが好きです。

で、話がやっぱり脱線しましたが、

自分は、ワイルドアームズシリーズで
一番好きなのは、2nd IGNITIONです。

ワイルドアームズシリーズは名言が多いんですが、
それが一気に増えたのは、2からですね。
というか、「らしさ」が出てきた感じですね。

1は面白いゲームだったんですが、
割と普通っぽい感じで、個性も前面に出るほど強くなかったです。
いや、面白かったんですよ、1も。

でも、2からワイルドアームズらしさと
ストーリーに深みが出てきて、一気にハマりましたね。

いろいろ思い出したくなって
ファミ通のコンプリートガイドを久々に手に取ったんですが、
あぁ~、この頃はまだ薄い。たった367ページw

表紙は劇画チックな、ナイトブレイザーさん。
格好いいんです。厨二病患者は影響を受けそうな感じですw
黒を基調にして、鮮血のような深く濃い赤色のデザイン。
ワイルドアームシリーズの攻略本の中でも最高の格好の良さ。

そして、そのカバー裏には……、
世界観ぶち壊しのピンクカラーのいきなりな魔女っ子さんwww

リルカ、大好きなキャラなんですが……、
荒廃した西部劇っぽい世界観には全く合わないなぁ。
いきなりな魔女っ子ってオフィシャルですからね。
いや、いいキャラなんです!
だけど、世界観は壊すんですよ、この魔女っ子はw

まぁ、このピンクカラーをそのままにするのは
恥ずかしいので、カバーを戻します。
ナイトブレイザー、カッコいいわーに戻ります。

そして、攻略本をペラリ……。

特別ファミ通ふろく 「宇宙トカゲ人トカ」!!

あぁ、いたねぇ……。トカゲが……。
いや、出るんですよ。本編にトカゲが……。
トカとゲーを名乗るトカゲ型の異星人が……。
このトカゲに突っ込む時のアシュレーさん、凄く生き生きします。

トカさんの好きな寿司ネタは、カブトムシ。

うん、このセンスが羨ましいです。
ゲーさん? あれはいいんですよ。ゲーしか言わないしwww
でも、コイツの攻撃は意外に痛かったです。

って、あぁ~!? また凄い長さに!!
そして、本編に全く触れることが出来ず仕舞い!!

……まぁ、いっか。
何だか語りきった感はあるしwww

本編もいいんですよ。名言多いし。主人公、変身するしw
「英雄は生贄」ってのは詳細なセリフ覚えてないんですが、
今でも印象深く残っていますね。

ワイルドアームズ2は、「英雄」ってのをテーマにしてて、
各キャラクターにいろいろな英雄観がありました。

戦争が終わったら「英雄」は「戦犯」になって捕まっちゃうとか。
「英雄」になるために自分の体を改造しまくって、手首回るように
なっている奴が出てきたり。剣の聖女っていう「英雄」は、
実はエッチなお姉さんだったとかwww

個人的に一番の感動シーンは、
死んだと思ったブラッドが復活して、
なんだか凄い大砲で、敵の要塞に一発ぶちかましたシーン。

あぁ、とんでもない長さに……。
小説並に長いことになってる気が……。
折り畳んだ方がいいんでしょうか?

……えっと、ここまで付き合ってくださった方には
本当に頭が下がります。ご一読ありがとうございました。

じゃあ、今日はこの辺で。
関連記事
スポンサーサイト
トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/06 >>
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


Copyright © 2017 無色の翼、鳥は何処に向かうのか?. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。