作家志望の不定期ブログです。
無色の翼、鳥は何処に向かうのか?
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
意図的に見せない情報の価値
2011-01-10-Mon  CATEGORY: 雑記
元々、ヘブンズ・ゲートの東雲さんは義足って設定でした。
でも、これ聞いて「えぇ~?」って思う人がいるでしょう。
だって、本文中には出してませんもんww

敢えて、情報を出さない。
そんな手法?ww

小説は挿絵的な例外を除けば、
基本的に文字以外から情報を得られません。
だから、意図的に情報を出さないって手法が
とても有効になるメディアってことです。

まぁ、ここで東雲さんの義足出したってことは、
この設定自体が没になったってことでもありますwww

……あ奴に派手なアクションさせ過ぎた、と今更気付いたんですw

特に義足って伏線を大量に散らしていた訳じゃないので、
やっぱり無くしちゃいました。

ちなみに義足伏線として引いてのは第0話の最初部分。
陸上が云々で夢が破れた的な~ってところです。
特に明確な理由を書かなかったのですが、
実はこの時点で義足設定があったんです。

一回は怪我で無くしたってことに変えようかと思ったんですが……
変えようと思ったんですが、今は元の設定に戻しました。
その設定については近いうちに公開できるかと……。

近いうち……?
……多分ww

まぁ、ヘブゲの裏話はさておき。
敢えて情報を伏せるってことは、割とサプライズに繋がる手法。
しかも、小説だと簡単に出来ます。
という訳で、小説を書かれている方は試してみてはどうでしょう?


ちなみに、外見的な容姿を隠せるということで、
男性だと思っていた人物が、最後の方で実は女だった、と
言うことに出来たりもするんじゃないですかww

実際、そんな話を見た覚えがあります。

ただ、サプライズ的な情報には、
しっかりと伏線を散らしておかないと駄目ですね。
いきなり突拍子もなく、ってのは不親切というか、マナー違反?



あと、伏線……。
散らし過ぎてもよくないよね。
回収できないと、もう酷いことにwww

私も気をつけよう。


じゃあ、今日はこの辺で。
関連記事
スポンサーサイト
トラックバック0 コメント2
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
No title
コメント水聖 | URL | 2011-01-11-Tue 02:32 [編集]
こんばんは
そうですね、一目でわからないところが小説のもどかしいところでもありますが、同時に利点でもありますよね。
私が一番それを痛烈に感じたのは綾辻行人さんの「十角館の殺人」です。初めて読んだときは椅子から転げ落ちそうになりました。
文章のみの情報というのをここまでうまく使った作品を私は他に知らないです。

情報を隠す、ということでいえば慎さんと仁さんの苗字の件も「おお!」と思いました。ロンドンブーツ?すみません関係ないですねw
伏線、張るの楽しいですが、回収が遅いと分かってもらえなかったりします、私の場合、腕の問題なのかもしれませんが(いや、たぶんそう)

ヘブンズ・ゲートは「東雲さん転落の軌跡」でしょうか。
楽しみにしてますね。
Re: No title
コメント遠野秀一 | URL | 2011-01-11-Tue 20:20 [編集]
水聖さん、コメントありがとうございます。

誰も何も言わないから気付いてないのかと思ってました、
慎と仁の苗字ww 実は読み返すと二章の時点で「ホムラ」って伏線あったんですけどね。
回収するのが凄い遅かったから誰も気づいてない気がしますww
トラックバック
TB*URL
<< 2017/11 >>
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


Copyright © 2017 無色の翼、鳥は何処に向かうのか?. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。