作家志望の不定期ブログです。
無色の翼、鳥は何処に向かうのか?
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カニもエビもしょせん節足動物
2010-11-26-Fri  CATEGORY: 詩 & 短編小説
節足動物ってのは、
動物界最大グループですね。
カニもエビもここに分類されます。

なんか前に短編小説「パラダイムシフト」で
チョロッと言いましたが、この節足動物ってのは
あまり大きくなれないんですよね。

本編中だと「虫」と限定して言ってましたが、
要は重たい外骨格のせいで、今以上に大きくなると
重力で潰れちゃうんですよね。
他にも循環器系の問題とかがあるそうです。
なんか、正確には気管系って言うそうですが。

ただ、海中では割と大きくなることが出来る奴もいて、
それがカニとかエビなんですね。

……まぁ、何が言いたいかというと、
追記をどうぞ、ということでww



▼カニもエビもしょせん節足動物

「姉ちゃん、節足動物って何?」

「カニやエビみたいな味している連中全般ですよ」

「姉ちゃん、味のことは聞いていないよ!
 あと、それは哺乳類はみんな牛みたいな味がすると
 言っているのと同じようなことだよ!
 違うよ! みんな違う味だよ、多分!」

「でも、何を出しても今日のご飯はエビみたいな味がして
 とっても美味しいねって言いますよ、弟君は?」

「姉ちゃん、今まで僕に何食べさせてきたの!?」

「……いいですか。
 例えば、サソリは見た目的に堅そうなイメージがありますが、
 実は昆虫よりも柔らかく、天敵が多いんです。
 例えば、大型の蜘蛛などは食用にされている国もあり、
 どこぞの芸人が食べた時にエビみたいな味と言ってました。
 例えば……」

「姉ちゃん、その例えば話は何!?
 これまでの話の流れと何か関係があるの!?
 ううん、むしろ関係がないと言って!!」

「でも、ゴキブリを食卓に乗せたことはありません。
 国によっては食用にされることも珍しくないんですが、
 家にいるゴキブリは生物濃縮によって有害な危険物質を
 含んでいる可能性がありますから」

「姉ちゃん、でもの繋がりが意味不明だよ!!
 その文法の使い方だと、前に出てきたモノ達が
 食卓に乗っていたって逆説的証明になるよ!!」

「あら? 難しい言葉を知っているんですね、弟君は?
 さすが私の自慢の弟です。これも食事のおかげでしょうか?」

「姉ちゃん、僕はその食事に対して
 非常に大きな疑惑を持っていて、
 もうそれを食べる勇気はないよ!!」

「あァ? てめぇ、食い物を粗末にするのってのか!?」

「姉ちゃん、さっきまで口にしてたのは
 世間一般では食べ物って言わないよ!!
 止めて、その謎の衣揚げを食べさせようとしないで!!」

「いいからさっさと食えやァァァ!!」




ハートフル姉弟の仲良し物語「姉ちゃんと僕」第二弾www



……やぁぁ~っちまっな!!!
HAHA♪

じゃあ、今日はこの辺で。
関連記事
スポンサーサイト
トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/10 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


Copyright © 2017 無色の翼、鳥は何処に向かうのか?. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。