作家志望の不定期ブログです。
無色の翼、鳥は何処に向かうのか?
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
孤高の人よ、貴方は何処へ向かうのか?(1)
2010-11-18-Thu  CATEGORY: 雑記
なんだか毎日アホなことをぼやくブログの名前みたいにww
ヤングジャンプで連載中の「孤高の人」の話です。

この漫画の原案は、
新田次郎著「孤高の人」という山岳小説です。
この小説の内容をそのまま漫画化しているのではなく、
現代風にアレンジして漫画化してます。

そして、この小説「孤高の人」は
実在した加藤文太郎という登山家をモデルにした話です。
っていうか、小説読んで初めて加藤文太郎が
実在していると知って驚きました。

実在の加藤文太郎と、
小説の加藤文太郎と、
漫画の加藤文太郎は、
まぁ……大分違うそうですがw
とりあえず、それは置いときます。

漫画や小説を読んで、興味を持った是非とも調べて
私に教えてください。私、面倒くさいことは嫌いですのでwww

という訳で、
以下ネタバレになるので追記からです。

漫画しか読んでない人は注意。
小説の方で重大なネタバレがあるのでかなり危険www
追記展開後のネタバレ苦情は受け付けませんw



現実小説漫画と三人の加藤文太郎がいますが、
全てに共通して、「単独行」を好んで
一人で山に挑むことが多い人物です。

現実と小説の加藤文太郎は
明治から昭和初期の人です。
単独行によって数々の登攀記録を残し、
最期は友人と共に槍ヶ岳で遭難して命を落としてます。

最期の辺りは、
現実と小説で大分違うんですが、
大まかには友人とともに山に行って遭難します。

漫画は今まさに、その友人とともに
最後の山に向かっているところです。

だから今、うわぁ~ど~なんだ~と悶絶中www

漫画から入ったので、
個人的には漫画版「孤高の人」が一番好きですね。
小説の方はアレですね。面白いんですが、やっぱり古いww
あぁ~古い小説だな~って感じで。いや、好きですよ?w
司馬遼太郎とか結構昔の小説読んでいる感覚に近かった?

という訳で、
基本的に漫画版「孤高の人」の話になります。
(1)なので、続きます。多分。……多分ね?

漫画版「孤高の人」は、
まず文太郎の姓が「加藤」ではなく「森」です。
十一巻までは、森文太郎として話が展開していきます。

内容は登山やクライミングを通じた
複雑な人間ドラマ(鬱モード、人間不信発動)?
いや、面白いか云々ではなく、スゲェ……って感じです。

人間の内面がここまで描かれているのかって……。
汚れた複雑な感情とか、おぉぉスゲェなぁ……と。

友人達がね……、酷い……。
いや、本当に酷い……。

一巻の頃の夕実とか普通に可愛かったのに
今の夕実さんと言ったら……、
もうマジ悪女www

そんな友人達に酷い目にあわされて人間不信になったりして
大変な文太郎ですが、今まさに佳境。
さて、続きはどうなるんだーと毎週ドキドキ待ってますが、


……来週休載!!
うがああああああああ!!



じゃあ、今日はこの辺で。
関連記事
スポンサーサイト
トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/07 >>
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


Copyright © 2017 無色の翼、鳥は何処に向かうのか?. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。