作家志望の不定期ブログです。
無色の翼、鳥は何処に向かうのか?
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
BF1あとがき(1)
2010-09-24-Fri  CATEGORY: BF1 -血塗れの連鎖-
最近忙しくて、いろいろ忘れ気味ですw
なんか設定変えた理由とか何やらを書くと言って、
すっかり忘れていましたw

これまで何度か言いましたっけ?
BLACK FANGは元々短編でしたw
っていうか、最初はこんな物騒な名前でもなかったですし。
それがいつの間にか400枚原稿換算で600枚アッパー?

ははは……。
さすがにここまで長くなったのは、
あまり記憶にないです。

最長記録は多分ノート10冊アッパーのでしょうか?
こっちは手書きなので換算できませんが、
多分長さは勝ってるはずです。

じゃあ、ちょっとネタバレ話が出るので、
以下追記です。

↑でも書きましたが、
元々は短編で、内容は一章がそのままでした。
いや、本当にそのままww

まぁ、最後の締めくくりは若干違いましたが、
ほとんど原形のままですね。
という訳で……、もう四年? あれっ? 五年だっけ?

もう本当にそれくらい前です。
で、BLACK FANG自体何度も書き直したりしてるんですが、
一章部分は奇跡的にほとんど手つかずです。
誤字脱字の修正くらいで。

で、何故長編になったのか?

別に特別な理由は何もなしです。
なんかドラマがあればよかったですね。
でも、なしです。

敢えて言うなら、五章のアレを書きたかったwww

まぁ、書いてる本人の予想を遥か上に行く展開になりましたが。
いや、もう本当に私が書いてるんじゃなくて、
キャラが勝手に喋っている感じで……。
ちょっ!? マイラさん、何してんの!?
って感じであぁなりました。私、悪くない。多分。

もっと前はもうちょっと短かったはずなんですが、
今のサイズになった経緯はうろ覚えですw

ただ、後半の閑話はもっと別の話でした。
アレです、徳島先生とかもっと出てました。

多重スパイ的な感じでw
ちょうどメタルギア3とかやってた時期だったからw
ちょうどEDのオセロットみたいな感じの閑話がありました。
もう修正前のデータ無くなっちゃったんですがw

で、その閑話を削っちゃったんで、
ぶっちゃけ徳島先生の必要性ってのも
BF1においては無くなっちゃなんですよねwwww

彼の存在って、
スパイ的な裏の活躍があったからなんですが、
話の構成上、それをバッサリ切ってしまって、
あぁ~、もういらね~と思いつつ、きれなかったんです。

別に愛着があるとかそういうのではなく。
(自分は愛着があろうとなかろうと、
 物語の構成において邪魔な存在は切ります。
 いっぺんの容赦なく)

徳島先生を全カットにするには
BF1自体の内容がでかくなり過ぎてたんですね。
というか、一回ラストまで書いてしまった後に
徳島先生の辺りをバッサリ切ったんで、
正直もう手遅れだったんです……。

そういう意味で、
BLACK FANGは構成的に失敗している部分が多々ありますw

三章とか四章とか、
同じ時間軸をタラタラやってたりw
でも、視点の違いとかいろいろ制約があって、
結果あんな無駄に長いことに……。

あそこはもっと短くてよかったです。
というか、BLACK FANGが膨らんだ要因の一つが
視点による話の見え方の違いですね。

書くことを詰め過ぎたという失敗。

まぁ、視点変えてやったのは面白かったと思いますが、
内容をちょっと多くし過ぎてしまった感じです。
一章から四章までは、もっと短くして良かったと思います。

あ~……、そうだ。
さっきちょうど徳島先生の話が出てきたんで思い出した。
二章冒頭に出てきた「隊長」って、実は徳島先生です。

伏線出しっぱなしという失敗。

でも、あれ書き換えること出来なかったし……。
ホント裏事情いえば、慎と仁の苗字が同音語だった理由も
二章冒頭の伏線が原因でした。

BLSとか名前の言霊どうこうってのは後付けwww
思い返すと、ホント適当に書いてたなーって笑えてきますw

って、長い!!
そして、全然語り終わらない!!
残りは次回にwww

じゃあ、今日はこの辺で。
関連記事
スポンサーサイト
トラックバック0 コメント6
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
コメント | URL | 2010-09-24-Fri 21:04 [編集]
こんばんゎ。夢です。


長い長い歴史を感じますね!!


ずっと前から決められていたことやその場になって変わってく物語。

すごく素敵に思います!


次回も楽しみにしています。
Re: タイトルなし
コメント遠野秀一 | URL | 2010-09-24-Fri 21:17 [編集]
夢さん、コメントありがとうございます。

BFは歴史長いです。
修正に掛けた時間は一番長い作品かもです。
っていうか、後書きもまた長く……www

次回は執事出ますw
No title
コメント水聖 | URL | 2010-09-25-Sat 11:48 [編集]
こんにちは、遠野さん。
改めまして第一部完結おめでとうございます。
600枚もあったんですね。
展開が速くて面白いんで気付きませんでした。
長くなったのは思いいれの深さもあるんでしょうね。
キャラたちが生き物になってくる。

>いや、もう本当に私が書いてるんじゃなくて、
 キャラが勝手に喋っている感じで……。
 ちょっ!? マイラさん、何してんの!?
 って感じであぁなりました。私、悪くない。多分。

すごくわかります。
でも、もとは短編だったとは・・・。
どれだけマイラさんたちの自己主張がすごかったかが察せられます。
そして、第2部もあるんですよね。
期待してます^^
Re: No title
コメント遠野秀一 | URL | 2010-09-25-Sat 21:30 [編集]
水聖さん、コメントありがとうございます。

えぇ、600枚もありましたw
自己主張が特に激しかった作品です、ホント。
No title
コメントLandM(才条 蓮) | URL | 2010-09-26-Sun 07:33 [編集]
大体私も500枚ぐらい書いてから、すべてを見直して今の小説を公開しておりますね。やはり「見せ方」とか「どうしたら面白く見せれるか」とか、書き終わってから、テーマを統一してそれに準じた書き方にするかとか、色々考えますものね。
また小説の方は読ませていただきますね。…なかなか時間が取れないですね。最近忙しいもので。どうも、LandMでした。
Re: No title
コメント遠野秀一 | URL | 2010-09-26-Sun 20:15 [編集]
LandM(才条 蓮)さん、コメントありがとうございます。

見せ方とか、どうしたら面白くなるとか、
いつも考えていて、長編なんかはたまに数十ページを
書き直したり、削除したりしますねー。
で、稀に全然違う話になったりしますw

自分も今ちょっと時間的に厳しい時期なので、
まとまって時間が空いたら、小説を読ませていただきます。
トラックバック
TB*URL
<< 2017/11 >>
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


Copyright © 2017 無色の翼、鳥は何処に向かうのか?. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。