作家志望の不定期ブログです。
無色の翼、鳥は何処に向かうのか?
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【秋企画】金木犀は遥か海の向こうを想う
2010-09-17-Fri  CATEGORY: 詩 & 短編小説
どうも、ご無沙汰です。
しばらく放置してすみません。
別件で時間的にヤヴァイことになってたので、
ちょっと追い込みを……www

で、まぁ多少目途が立ったので戻ってきました。
またピンチになる可能性は大ですがwww

それはさておき、
ちょっと時間の合間に思い付いた言葉を並べて、
秋風味の詩を作ってみました。

ほぼ即興ですw

で、そんな詩を恐れ多くも秋企画に献上なんて暴挙にwww
秋企画についての詳細はコミュか、もしくは↓の記事で。

【秋企画】 赤き地獄の相思華

やっぱり、↑はタイトルがなwww
切なめの恋愛話なのに、地獄とか入ってるしww
改めて見るとどうなのって気がww

くだらない前置きはこの辺にして、
秋企画二本目は追記からです。
読んで頂けると嬉しいですw



金木犀は遥か海の向こうを想う

君はいつか僕を忘れていくだろう……。
だけど、僕はきっと永遠に君を忘れない……。

伝えられなかった僕の想い……。
君はきっと、ずっと知らずにいるのだろう……。
僕は君にとって永遠の友達……。

ねぇ、覚えているかな……?
三人で一緒に集めた金木犀の花を……。
甘い香り満ちた花弁をたくさん集めて……、
遊んだ日々は遥か、遠くの記憶……。

僕と君とあいつで過ごした秋の日……。

愛してる……。
愛してた……。
想いを過去に変えよう……。


君は遥か海の向こうへ行ってしまった……。
だけど、僕はただ海の向こうの君を想うだけ……。

もう二度と届かない気持ち……。
金木犀のように、ただ海の向こうを想う……。
大好きな君がいる海の向こう……。

ねぇ、忘れられるかな……?
広大な海へと流した金木犀の花を……。
遥か、遠い海の向こうに届くように流した……。
流した想いは今も、胸を焦がす……。

僕と君とあいつで過ごした秋の日……。

愛してる……。
愛してた……。
記憶の海に沈めよう……。


君があいつを選ぶのは、きっと知っていた。
それでも君が好きだから、ただ幸せを祈ろう……。

想い隠して君の背中を押して……。
君が幸せでいられるなら、僕は金木犀を手折ろう……。
君達を繋ぐ甘い想い出の花……。

ねぇ、知っているかな?
金木犀は永遠の片想い花と……。
離れ離れ想いは遥か海の向こうへ……。
愛した君も遥か、海の向こう……。

君とあいつだけで過ごした秋の日……。

愛してる……。
愛してる……。
君への愛を忘れられない……。



遥か……、遠く……、君のいる海の向こうへと……。









I loved you and never forget you......




あとがき

昔、ウチのすぐ側に金木犀があって、
秋と言えばこの花の香りでした。
結構強烈な匂いなので好き嫌いが分かれるかもしれませんが、
個人的にはとても好きです、金木犀の匂い。

歌詞っぽくて思わずメロディをつけたくなる感じなのですが、
私は音才とは絶縁状態にありましてwww
単純に歌詞っぽい感じになってるだけです。
特にメロディとかはないです。

↑みたいな恋愛話を小説にすると面白そうではあるんですが、
ぶっちゃけ小説化する予定はナシですww
というか、詩は基本一発ネタのつもりなので、
個人的にもう完結しちゃってるんですよね。

なので、やってみたかったらどうぞwww
と丸投げしてみたりして。

なんていうか、いろいろな形で秋企画が広がっていったら
面白そうだなーと思いつつ言ってみました。
本当にやるんだったら一報をw 是非見たいのでw
関連記事
スポンサーサイト
トラックバック0 コメント10
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
No title
コメント水聖 | URL | 2010-09-17-Fri 09:36 [編集]
お久しぶりです^^
tのほうでも数日お見かけしてなかったので、もしやご病気かと案じておりましたが、お元気そうでなによりです。

詩、切ないですねえ・・・。
彼女はきっと永遠に彼の思いを知ることはないのでしょうね。
槙原敬之さんの「彼女の恋人」を思い出しました。

前回が彼岸花で「赤」今回は「金木犀」で「黄色」どちらも秋を感じさせられる色使いですね。

詩が一発ネタというのは納得できます。
まったく同じネタで詩と小説書くことはできないです、別の視点とか、同じキャラで別の話とかならできますが。
これ、もしも小説にするとしたら結構長いと思いますよ。
3人の関係性とか、なぜ今外国に彼女はいるのかとか。
あ、いや考えない考えない^^;
No title
コメント | URL | 2010-09-17-Fri 12:54 [編集]
一報が入ったら教えて下さい・v・
音楽センスZEROの私も見てみたいです☆

キンモクセイ!
あの匂いは独特ですよねぇ。昔、うちの近所にもありました*^^*
そして、文字色とお話とがキレイにマッチしていますねぇ。
って、水聖さんも色について書かれてますね^^;
ちなみに私はドリカムの『愛してる愛してた』思い出しました!
Re: No title
コメント遠野秀一 | URL | 2010-09-17-Fri 13:40 [編集]
水聖さん、コメントありがとうございます。

や、どうもお久し振りですw
元気ではないですが、元気ですよw
何か意味不明ですが。

秋って何となく侘しい切ないイメージがあるんですが、
色としては何だか派手ですよねw 赤とか黄色とか。
もし、次があったら他の色を使いたいとかです。
まぁ、その次があるかどうかは知りませんがwww
Re: No title
コメント遠野秀一 | URL | 2010-09-17-Fri 13:44 [編集]
春さん、コメントありがとうございます。

音楽センスZERO仲間www
もし一報があったら、もちろんご連絡しますww
まぁ、冗談みたいなもので期待はしてないんですが、
あったらいいなー程度で。本当にあったら狂喜乱舞しますw

金木犀の匂いは独特ですよね。
最近は近所になくて、あの匂いがかげなくて寂しいです。
No title
コメントいき♂ | URL | 2010-09-17-Fri 18:15 [編集]
そしてまたひとり、音楽センスZEROの私が吸い寄せられました……w

> 想いを過去に変えよう……。

もう、うわーって感じ(ガキの感想ですみません)><
失礼、過去の実体験とリンクする一行でした……(^^;
No title
コメントゆさ | URL | 2010-09-17-Fri 18:30 [編集]
こんにちは☆

キンモクセイの咲く時期にぴったりの詩ですね~。
切ない!
強い香りだからこそ、思い出される思いも強いというか、
強烈に記憶に残っている…そんな感じを受けましたvvv

秋って、誰かのことをふと思い出すとか、
誰かが誰かに思いを捧げる行動とかが
たまらなく似合う季節のような気がしますね(^ ^)。
Re: No title
コメント遠野秀一 | URL | 2010-09-17-Fri 19:55 [編集]
いき♂さん、コメントありがとうございます。

ZERO仲間!!
そして、実体験仲間!!ww

いや、実体験したかはまぁゴニョゴニョ……www
Re: No title
コメント遠野秀一 | URL | 2010-09-17-Fri 20:04 [編集]
ゆささん、コメントありがとうございます。

金木犀は匂いが強いせいか、
それとも子供の頃の思い出のせいか、
妙に印象深い花です。

まぁ、それはそうと、
想いを募らせる季節はやっぱり秋ですよね。
なんかこう切ない季節です、秋は。
こんばんは☆
コメントおっちぇ | URL | 2010-09-17-Fri 23:50 [編集]
お久しぶりですv-135

遠野さん、何かあったのかと思いましたv-81

切なげな詩にも、遠野さん何かあったのかと思いました。。。

私も金木犀の匂い大好きですよ~v-123
基本、香水嫌いですが金木犀の匂いの香水があるなら是非つけたいくらいですv-68
なんか年配の人が「トイレの匂いや」って言ってるのを聞くと切なくなりますwwww

Re: こんばんは☆
コメント遠野秀一 | URL | 2010-09-18-Sat 00:30 [編集]
おっちぇさん、コメントありがとうございます。

や、ちょっと集中して片付けないことがあって、
しばらくこっちに手を出せなかっただけですよw
すみません、ご心配をかけてしまって。

トイレの臭いって言われるのは悲しいですね。
……と言いつつ、昔ラベンダーに似たようなことを言った覚えがww
いや、金木犀もラベンダーも好きなんですけどねw
トラックバック
TB*URL
<< 2017/09 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


Copyright © 2017 無色の翼、鳥は何処に向かうのか?. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。