作家志望の不定期ブログです。
無色の翼、鳥は何処に向かうのか?
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
貴様の存在を許さない(笑)
2010-09-04-Sat  CATEGORY: 雑記
絶対に許さない。
貴様が生きていることを。
どこまでも追い詰めて、必ず殺してやる。

決して生かしはしない。
一族郎党、皆殺しにしてやる。
三億年にも渡る長き時の戦乱を
今こそ終わらせるのだ!!

憎き敵の名は、G!!!
台所を蹂躙する漆黒の悪魔!!!

叩け!
潰せ!!
包んで捨てろ!!!

死ィンブンンン死ィィィッ!!!!

ホイホイッ!
ジェットッ!!
バァァルサァァンッ!!!

ィ家エエエェェェェェェェイッ!!!



はい、前座なので適当ですw
特に意味はないですが、奴等の存在は許せません。

夏はウジャウジャ増えますね。

この夏、二匹同時に見た時は衝撃を覚えました。
しかも、二匹とも成虫になってやがってて……。
ゴキジェットで殺してやりました。

で、また二日後にまた現れやがって……。

マジ滅ぼしてやりたいです。
っていうか、いくら殺しても死に絶えやがりません。
台所ならまだしも、部屋の方に出やがったら、
絶対に許さねぇから!!

っていうか、あいつ等は何で音立てるんですかね?
存在をアピールしてんじゃねぇですよ!
気付かなければ、こっちだって不快な思いしないのに。

無駄なアピール。
姿見れば殺意湧く。
殺したら始末に困る。

えぇ、これは人間と一緒で、どうしようもないですねw



まぁ、それはさておき。
ゴキブリ豆知識。

一般的に知られているのは、三億年前から形を変えていない
生きた化石とも言われてます(いっそ滅びればよかったのに)。
天敵はクモ。もしくは猫(やっぱ、いい仕事するねwww)。
ただ、キャットフードばっか食ってる家猫は
むしろ役に立た……いえ、猫はそこにいるだけOKなのです(=^・^=)

で、あまり知られてない話。

人家生のゴキブリは、……おもにアフリカ原産らしい?



あと、シロアリは、ゴキブリ目(普通のアリはハチ目)。



どっちも滅びればいいのに……。



じゃあ、今日はこの辺で。
関連記事
スポンサーサイト
トラックバック0 コメント8
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
No title
コメント残り粕 | URL | 2010-09-04-Sat 21:21 [編集]
ゴキちゃん、今年はまだ一回も見てないなあ。
ウチには猫も蜘蛛も多いからかなw
シロアリに関しちゃ、人生の中でまだ見ていない。

ゲジゲジとかでっかい毛虫とか物差しくらいの長さのナメクジとかなら見たことあるけど。
Re: No title
コメント遠野秀一 | URL | 2010-09-04-Sat 21:33 [編集]
残り粕さん、コメントありがとうございます。

シロアリはみたことないですね。
というか、見たら即刻駆除の連絡をw
家が、家が、家がァァァ……。
No title
コメント | URL | 2010-09-04-Sat 21:37 [編集]
こんばんわ!

やばいですよね、G。
私も大泣きした記憶があります←

まぁ、Gじゃなくても
泣きまくっていますが…
アレは本当に滅んで欲しいと
思うのです…
Re: No title
コメント遠野秀一 | URL | 2010-09-04-Sat 21:47 [編集]
夢さん、コメントありがとうございます。

泣かないで~w
まぁ、奴等は心臓に悪過ぎですからね。
Gと悪徳業者は滅びてもいいと思いますw
No title
コメント水聖 | URL | 2010-09-04-Sat 23:47 [編集]
まあ、Gは嫌いですが、私、蚊のほうがいやです。
耳元で「ぶーん」と聞こえると、もう眠れません。
アメリカには蚊がいなかったので、幸福でした。そのぶん蜂が多かったですが(!)そんなに刺すものでもないので、え、そういう問題じゃない?そうかなあ・・・。
以上、もうモスキート音が聞こえない(^^;)みさとのたわごとでした。
Re: No title
コメント遠野秀一 | URL | 2010-09-05-Sun 00:24 [編集]
水聖さん、コメントありがとうございます。

殺意湧くという点では、
確かに蚊の方が不愉快ですねw
でも、Gより蚊の方が嫌ってのも珍しい気がww
No title
コメント飯野 | URL | 2010-09-05-Sun 02:55 [編集]
昨晩、風呂で目撃。
ええ、そのままお流ししましたが、何か?

>3億
基礎設計の優秀さに感服……するけど、素直に出来ないよ!
チクショウ。

かつて、我が文芸部内で、
「黒ゴス人見知り小動物系黒髪ツインテール少女」
を描いた猛者がいたな。懐かしい。

最近の流行なのかね?
参考までに。
つ ttp://blog.livedoor.jp/geek/archives/51030962.html
Re: No title
コメント遠野秀一 | URL | 2010-09-05-Sun 20:16 [編集]
飯野くん、コメントありがとう。

風呂場はマジ勘弁www
トイレで遭遇したこともありますが、
密室での遭遇はやばいですねw

擬人化すれば、…………イケ……ないッ!!
でも、猫に見つかった時は逃げてww
トラックバック
TB*URL
<< 2017/06 >>
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


Copyright © 2017 無色の翼、鳥は何処に向かうのか?. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。