作家志望の不定期ブログです。
無色の翼、鳥は何処に向かうのか?
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
その拳を叩き切る
2010-08-20-Fri  CATEGORY: 雑記
核抑止論とか、
正直不毛もいいとこだと思うんですよね。
以上。

で、正直終わりたいですww

戦争なんて起こる時は、
核とか関係なく起きるんだから
さも識者のように、どーこう言っても
何の意味もないと思うんですよね。

よく戦争は何も生み出さないとか
そういう格好いいセリフがありますが、
それは間違いですね。

戦争は儲かるから終わらないんです。
軍需産業とか、戦勝国とか、その他いろいろ利潤利権が
絡んだりしているんですよ。

銃社会で銃をなくそうと言っても意味ないように、
核がある世界で核をなくそうとか言っても、
変わるモノでもないんですよね。

だって、それを持っていることで
利益や利権があるんだから。

核抑止論って要は、核の正当化って話ですよね?
無くすことが出来ないから、核があることで~~出来るんだって
耳聞こえのいいことを言ってみた♪って感じの。

核の傘?

仮定の話ですが、
日本が北朝鮮から核攻撃を受けたら米国は報復するでしょう。
でも、ロシアから核攻撃を受けたら米国は何もしないでしょうね。

結局、この国に報復はしても自国は大丈夫そうだなーって
思ったら報復するでしょう。でも、この国と核戦争になったら
大変なことになると思ったら何もしないでしょう。

条約がある?
何それ、美味しいの?

第二次世界大戦の時、とある北方の国は無視してましたよ?
その結果が北方領土問題に繋がるんですが、まぁいいです。
もっと核関連のこと言うなら、米国がABM条約をぶっちしたのは
2002年のことですが、何か?

つまり、条約なんていつでも破棄できるってことです。

で、核の傘?
何の意味があるの、それ?

国家間戦争は利益があるからするんです。
核保有国なんて関係ありません。

大事なのは外交努力によって、
戦争が起きないように互いの利益を侵害しないよう、
もしくは互いに利益できるように交渉することです。

で、それはお偉い方達の仕事。

税金使ったり、高い給料とかもらってんだから、
それくらはキッチリしとけよ、ってことです。
ヤラナイ奴は問答無用で選挙で落とすぞ、コラ。



なんか小難しい話になりましたが、
これを規模を小さくして言うと、
大人の喧嘩と大して理屈が変わらない気がします。

大人の腕力で喧嘩をすると相手を殺してしまいかねない、
もしくは大怪我をさせてしまいかねない。
また、喧嘩をすることで社会的地位が脅かされる、
世間体がどーのこーの、その他いろいろな諸事情がムニャムニャ……。

じゃあ、ムカついてもとりあえず交渉しようか。
時に話し合い、時に金で解決とか、
納得は出来なくても、とりあえず互いに損しないよう終えようと。

今の状態で喧嘩すると大変だね。
じゃあ、喧嘩じゃなくて他の方法で解決しよう。

その延長が結局、核抑止論ではないでしょうか?

でも、喧嘩する時は喧嘩になるし、
戦争になる時は戦争になりますし。

核抑止論も大人の喧嘩で例えましょうか。

友達が喧嘩を吹っ掛けられました。
その友達には前から「何かあったら助けてやるよ」と言ってました。
……相手強そう。でも、助けてあげる約束だからな~。
どうしようかな~、どうしようかな~?

………………。
…………。
……。

実際、どうするかはわかりません。
核の傘とかも結局起こってみないとわかりません。
で、それを起こる前から議論することに何の意味が?



結論、不毛だね……。



と私は思います。
というか、正直どーこう議論したところで
どーにもならないと思います。

核をなくそう?
それだって意味がない。
全部の兵器をなくさないといけないんですよ。

核兵器で人が死ぬのは駄目で、銃で兵士が死ぬのはいい?
それはふざけた話です。なくすなら全ての兵器です。
いや、そもそも人を殺すだけなら拳だけで充分です。
じゃあ、拳も斬り落としましょう。

……無茶苦茶な話です。

でも、核をなくそうってのは、
人を殺せる拳を斬り落そうって話の規模を大きくしたものです。

大きくなったら、その腕を叩き切るね?

そんなの誰だって嫌ですよ。
人が成長して人を殺せるだけの腕力を得たように、
世界は成長して大量破壊兵器である核を得ました。

じゃあ、それをなくそうね?ってのは無理があると思います。

出来ちゃったものは仕方ないので、
それと何とか上手くやっていきながら、
喧嘩やら戦争をしないように頑張ろうってのが
今できる道ではないでしょうか?

特定の兵器をなくすことには大きな意味はないと思います。
それが核だろうと、クラスターだろうと、
他の兵器があるなら意味がありませんし、
竹槍一つでも人は争うことがあります。

なくすなら全ての兵器。
いや、人を殺そうと思う意思。

なくせないのなら、
それと踏まえた上で仲良くやっていく努力をしよう。
そうするしかないよ……。

と私は思います。



不毛……。
本当にそう思います。

出来ちゃったんだから、それとヨロシクやろうねってことが大事。

核をなくそうって会議に意味はないと思いますが、
戦争をしないようにと考えることは意味があると思います。
これは大事。とても大事。

じゃあ、今日はこの辺で。
関連記事
スポンサーサイト
トラックバック0 コメント4
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
No title
コメント残り粕 | URL | 2010-08-20-Fri 23:07 [編集]
やっぱり凄いなあ。さすがだと思いました!

そうですよね、核抑止論も、核廃止も、どちらも出来ないですよね。
核抑止は、核を撃つと決断するのは人だから、
結局、その人の良心とか、そういうことに左右されますよね。
しかも、核を持っている国同士だったら、
自分から核を撃つとどうなるか、ってのは一目瞭然だし、
核戦争になれば、地球への被害が深刻になるから、大国間では打ち合いにはならない。
でも、小国なら核撃って一儲けウハウハwみたいなね。
だから、核抑止は実現できませんよね。
核廃止なんて、もってのほか。

それにしても、大人の喧嘩で例えますかw
分かりやすくて、良い例えですね。
結局、大人の喧嘩も核問題も一緒・・・。
双方の関係や、世間体が危うくならないよう、
とりあえず話し合いとか金で解決か~。
上手いなあw

それにしても、核って恐ろしいけど、
爆弾とか銃がこんもりあっても恐ろしいですよね。
核ってだけで、特別な感情を持っちゃいけませんね。
たとえ、日本にだけ核を落とされていたとしても。
悲しいけど、戦争をした日本も日本だからねえ・・・。

っと、長文すみませんでした;
Re: No title
コメント遠野秀一 | URL | 2010-08-20-Fri 23:33 [編集]
残り粕さん、コメントありがとうございます。

物事は大きくなるとわかりにくくなりますが、
噛み砕いてみると、結局は身近なことに似てたりします。
というか、身近な話がどんどん大きくなった結果が、
そういう小難しい大事になるんでしょうね。

コメント飯野 | URL | 2010-08-21-Sat 10:28 [編集]
一小市民の陳腐な脳では、軽く思考停止するか、無限ループする話題をよくぞここまで噛み砕けるよなぁ。
さすが。
色々考えたけど、僕ではここまで噛み砕けないわ。


とはいえ、これは冷戦時の勝者、あるいは、強者の視点から見た考えかただよね?


過去に殴られた側は、その恨みをずっともつだろうし。
そういった人はどうすればいいんだろう?
「話し合おう」っても、おさまらない物もある。

世の中は残念ながら弱肉強食。
生き残るために、旧ソ猫を噛むし。
というか、いもしない旧ソを口実に、勝手に戦争を始める国もいるし。
無知ゆえに国民が無関心で、勝手に戦争始めた国のポチした国もあるし。
「施しは受けない」って逆ギレする国もいるだろうし。


とはいえ、どんなかたちであれ、話し合って解決するならそれに越したことはないし。
核は核で、「一流国家は持ってて当然」て国もあるんだから、なだめてすかして、想定される最悪の事態に対して、何ができるかを話し合うことは、決して不毛とは思わないなあ。

むしろ、あらゆる議論に対して、結論は出ないから不毛と断じることこそが、実は一番危険なのでは?

下手すりゃ、ドッカンドッカン使ってたかも知れないんだし。


「駆け込み乗車禁止」のアナウンスと同じよ。
結果が見えなくても、意識を継続すること=議論を絶やさないことが大事だと思うよ?
Re: タイトルなし
コメント遠野秀一 | URL | 2010-08-21-Sat 15:10 [編集]
飯野君、コメントありがとう。
だが、言わせてもらおうww
いつものようにww

> とはいえ、これは冷戦時の勝者、あるいは、強者の視点から見た考えかただよね?

全然違いますよ。
殴られたからと言って殴り返すことは正しくないですし、
もう戦争をしないように交渉するのが外交努力です。

勝った国も負けた国も関係なく、
どう戦争をなくすか話し合わなければいけないんです。

で、それは核をなくすなんて現実的ではない話より大事でしょ?
ってことです。


> むしろ、あらゆる議論に対して、結論は出ないから不毛と断じることこそが、実は一番危険なのでは?

核をなくすって議論は現実的ではないから、
もっと他に交渉すべき外交努力があるだろうと思うんです。

仮に戦争になったら、
核保有国は核を使うに決まってるじゃないですか。
条約を破るってことは、すでに歴史が証明していますし。

だからこそ、すべきなのは「戦争を起こさせない外交」なんです。
「核をなくす議論」は一見平和を目指しているように見えて、
ただ不毛なことを言っているだけに過ぎない、ということ。

だって、戦争を起こすのは「核」じゃなくて
「人」なんですよ?

戦争を起こすから「人」の数を減らそうと議論するより、
どうやって「人」同士で仲良くしようかって方が大事だから、
そっちを頑張ってほしい、と。



> 「駆け込み乗車禁止」のアナウンスと同じよ。
> 結果が見えなくても、意識を継続すること=議論を絶やさないことが大事だと思うよ?

いや、議論というか外交努力はすべきだと思うよ。
でも、やるなら有益であってほしいだけで。

とにかくは、戦争をしないように話す。

それは「核をなくす」ことではなく、
「核をもった人」とどう付き合っていくか、ではないかと。
そう思うのですよ。
トラックバック
TB*URL
<< 2017/10 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


Copyright © 2017 無色の翼、鳥は何処に向かうのか?. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。