作家志望の不定期ブログです。
無色の翼、鳥は何処に向かうのか?
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
衝撃度:ビキニ=核実験
2010-08-18-Wed  CATEGORY: 雑記
ビキニ環礁で行われた第二次世界大戦後初の核実験、
それと同じくらいに衝撃的だという理由で名付けられたのがビキニww
つまり、衝撃度はイコールで繋がれるのです。

まぁ、それはさておき。
核の話をもう少しと言われたので、
ちょっと掘り下げていきましょうか。

核実験ってのは、まぁ核兵器の実験ですよね。
で、核兵器ってのは原爆と水爆のことです。
それが上手く行くのかって事件が核実験です。

原爆と水爆の違いについて話すのは
とてもとても面倒なので嫌なのですが、
水爆の方が威力強いです。

原子爆弾の威力をTNT換算すると、約20前後になりますが、
水素爆弾の威力をTNT換算すると、数千とか数万ってレベル。

……まぁ、水素爆弾について置いといてください。
重水素がどうとか、放射性~~とか、
噛み砕いて説明できる自信はないです。



とりあえず原子爆弾の話。
原子爆弾にはウラン型とプルトニウム型の二種類があります。
で、実験が必要なのはプルトニウム型だけ。

ってのが前回の話。

ウラン型はウラン235で、
プルトニウム型はウラン238で
それぞれ作られます。

ウラン235は、
天然ウラン鉱石の0.7パーセントしか含まれていない物質です。

ウラン238は、
自然にはほとんど存在しない物質なのですが、
原子炉での副産物で出てくる物質です。

どちらが入手しやすいかと言うと、ウラン238です。
だって、原子炉回していれば出来ますから。

で、ウラン235はとても貴重です。

あぁ、ちなみに235とか238とかは、
陽子とか中性子とかの総数です。



ウラン型の原子爆弾ってのは、非常にシンプル構造です。
一定量のウラン235を集めると勝手にボンとなります。

つまり、臨界しない程度の小片を二つ用意して、
爆発する直前に、この二つを合わせる構造が
ウラン型の原子爆弾です。

広島に落とされたのはこのタイプ(リトルボーイ)。

↑は構造的に簡単ですよね?
という訳でコッチは実験不要なんですよ。ほとんど。
だって、二つ合わせればOKですから。

ただ、ウラン235ってのは精製するのが大変なんです。
いわゆる濃縮ウランという奴で、
このウランを作るためには非常にコストが掛かります。
あと、濃縮ウランを作るための技術も。



プルトニウム型は、
少量のプルトニウムをいくつも用意して、
それらを爆発の瞬間に合わせる構造です。

少量のプルトニウムが完全に同じタイミングで
一ヶ所に集まらないと強大な威力が生まれないので、
こちらは、少量のプルトニウムが爆発の瞬間に合わさるよう
緻密な計算が必要となります。

核実験が必要なのはプルトニウム型。

で、このプルトニウム型には必ず原子炉、
原子力発電所がないといけません。

核実験+原子力発電所
この二つが必ず必要となるので、
外から見て一発で核兵器があるってわかります。

逆に、ウラン型は外から見てわからなかったり……?

あっ、それとプルトニウム型の原子爆弾は
長崎に落とされたモノです。ファットマンです。



ウラン型は材料さえあれば大学生でも作れますが、
その材料を作るのが大変です。

プルトニウム型は材料は低コストですが、
兵器するためには緻密な計算が必要になります。

水爆とかは話は面倒なので嫌です。
中性子爆弾とかは意味不明です。
まぁ、確実に言えるのはどれもロクなモノじゃねぇってことです。

ふぅ……、長い話でした。

じゃあ、今日はこの辺で。
関連記事
スポンサーサイト
トラックバック0 コメント6
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
No title
コメント残り粕 | URL | 2010-08-18-Wed 21:51 [編集]
確か、水素爆弾3・4個で地球が半壊だった気が。
それをアメリカは11個くらい持ってた気も。

以前に、大学のオープンキャンパスにて、
原子炉を見てきたから話を振ったんですけど、
やっぱり、核って凄いですね。
俺の見た原子炉は、1Wの電力しか作らないものでしたが、
それでも厳重警戒で、あの危険そうなマークが付いていて、
何かお偉いさんも来たとか、良く分からん凄さがありましたw

まあ、それも気になったんですが、
核の材料もいいんですが、核抑止論についても今度お願いしますw
遠野さんの意見が知りたいです!
No title
コメント | URL | 2010-08-18-Wed 21:55 [編集]
こんばんわ!夢です^^

私も以外とこういう話好きだったりします←

まぁ、私の頭の中は最終的に
「=」しか残っていませんがwwww
Re: No title
コメント遠野秀一 | URL | 2010-08-18-Wed 22:10 [編集]
残り粕さん、コメントありがとうございます。

大学のオープンキャンパスで見たってことは
大学内に原子炉があったんですか?
まぁ、大学にはいろいろあったりしますからね。
大きいところなら、そういうのもあるんでしょうか。
自分のところはせいぜいドラマの撮影に使われたくらい
特筆するようなことはなかった気がします。

核抑止論ですか?
MADとか核の傘とかって話ですよね。
まぁ、あまり詳しくはないですが、考えておきます。
Re: No title
コメント遠野秀一 | URL | 2010-08-18-Wed 22:15 [編集]
夢さん、コメントありがとうございます。

まぁ、小難しい話より
最初の辺りが一番衝撃的ですからねw
ということは衝撃度って、ビキニ>核実験www
No title
コメント飯野 | URL | 2010-08-19-Thu 17:48 [編集]
飯野君の畑から原爆関連ですぐに出せる小ネタ供出。
何かのネタに使ったって下さい。

有名な話かもしれませんが、今日の産業ロボットの原型=オリジナルはマンハッタン計画で使われていた、作業用マジックハンドといわれています。
放射性物質に直接触るわけには行きませんからね。

もっとも、当時のマジックハンドは動力化はおろか、感覚フィードバックも用意されていなかったため、恐ろしく使いづらい物だったとか、なんとか。

後に、ユニメートやら、バーサトランといった産業ロボットが発売されましたが、それらの開発にどの程度影響を与えていたかは知りません。

世界唯一の被爆国である日本が、その原爆を作る際に生まれた副産物=ロボットの大国になるとは……、なんとも皮肉ですね。
Re: No title
コメント遠野秀一 | URL | 2010-08-19-Thu 20:26 [編集]
飯野君、コメントありがとう。

あぁ、まさに君の畑だねww
皮肉な話ですが、まぁ技術には罪はないってことで、
いいんじゃないですか? ロボット大国でよかったでしょ?w
トラックバック
TB*URL
<< 2017/10 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


Copyright © 2017 無色の翼、鳥は何処に向かうのか?. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。