作家志望の不定期ブログです。
無色の翼、鳥は何処に向かうのか?
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
書き出し話のまとめ
2010-08-15-Sun  CATEGORY: 物書き考察
この物書き考察も何だかんだで四回目ですか。
そして、まだ書き出しのところをウダウダと……。
締め括りの類型はいつになるのかな?
まぁ、おそらく当分先でしょうね。

ちなみに、この話題に関しては割と毒舌ですw

さて、皆さんはまず話作りをどこから考えますか?
キャラクターから考えるとか?
ストーリーとか考えるとか?
設定とか考えるとか?

うん、割とそういうことはどーでもいいんです。

それはもう話の作り方ではないでしょ? 妄想の浮かばせ方?
それを口で説明して、小説が書けると言うなら
誰も苦労は死ねぇのですよ。

あぁ、毒ですねw
一度バッサリ斬りたかったんです、コレw
気を悪くした人がいたら、ごめんなさいね。

でも、別に嘘は言ってないつもりです。

そもそも話作りの最初のキッカケなんて、
キャラから作ろうと、ストーリーから作ろうと、
設定から作ろうと、どれが最初でもいいんです。
そういうことなら誰だって思い付くことなんですから。

そうした話のタネをどのように形にしていくかが大事なんです。
で、そういう思い付きは天性のモノだったりするので、
他人の話とかを聞いてもしっくりこないんですよね。

だって、話の思い付き方なんて
人それぞれで違うモノなんですから。

作り方というのは別物。
起承転結などの話の構成や、それぞれの箇所の役割等、
ストーリーを盛り上げるのに必要な要素などを理解すること
ってのが重要だと思います。


また、こっちは後天的に上げていける能力です。
努力して埋められるモノだと思っています。


で、長々と前置きをしましたが、今回も書き出しについての話です。

役割と類型についてはこれまでに説明しましたが、
最初の「起」の部分、「序」でもいいですが、
とにかく導入部分はまず読者を引き込むことが重要です。

キャラから思い付こうと、
ストーリーから思い付こうと、
設定から思い付こうと、
書き出しの役割と類型は必ず通る道です。

まずはどういう書き出しが、
読者の興味を惹けるか大事です。

あぁ、別にこれは小説だけに限った話ではないんですけどね。
漫画でも小論文でも最初の掴みが結構重要だったりします。
小論文系は、最初に言いたいことがわかっていくと印象がいいです。

小説の場合は最後まで何故を隠し続けると言う手法がありますが、
その場合でも最初に興味を惹けるように大きな謎を提示したり、
インパクトある展開にしたりと、工夫する必要があります。

漠然と書き出し~と考えるより、
読者の興味を「誘引」するという役割を理解しながら、
考えた方が効率のいい考えが捻り出せると思います。

ついでに、これから書こうとする物語の特色を考慮しつつ、
書き出しを考えると、なおよしっ!ですね。


で、これまでのまとめとして、
思考の方向性について少し語っていこうと思います。
もう随分と長いので追記に。興味ある方は是非見てください。




まずはインパクトのあるキャラクターを出したい人向け。

人物の性質や特性を際立たせたいというなら、
まずそのキャラについてから書き出すのがいいでしょうね。
もちろん、他のところか切り込むのもアリですが、
効果薄かったり、演出技術が必要だったりしますので、
今回はそっちはナシの方向で……。

で、人物から始まる書き出しをピックアップします。

書き出し類型は、コッチで見てね。

「時・所型」はまんま時間や場所からなので、×
「人物紹介型」はまさにキャラから始まるので、○
「回想型」はキャラの回想なので、○
「条件型」は私小説向けですが、一応人物からなので……、○?
「解題型」は話のテーマから語るので、キャラは立たないので、×
「前置型」はあくまで前置きなので、×
「破題型」は人物が活躍している場面が多いので、○
「対話型」はまさに人物なので、○
「引用型」は……まぁ使い方次第ですが、今回は話に合わないので、×

まぁ、○とか×とか付けましたが、
別に使ってはいけないなんて法律はないです。
書き出しとして効果的か否かという点だけで付けましたし、
なおかつ個人的な意見です。×つけた書き出しでも、
効果的に人物を際立たせることは可能だと思います。

とりあえず、今はキャラを際立たせるため、
人物に関連した書き出しをピックアップ。

で、○が付いているのは、
「人物紹介型」「回想型」「条件型」「破題型」「対話型」です。

出会い頭のインパクトで行くなら、
オーソドックスに「破題型」でGOとか?
そのキャラがドドーンと派手に活躍、登場するシーンから切り出し、
どうしてそんなことになったのか時系列順に始める……とか?

もしくは、インパクトに頼らず
そのキャラがどんな人間性なのか説明する書き出しとか?

回想を通じてどんなキャラだったのか説明、
もしくはその回想自体でキャラ自体を立たせるとか?

キャラクターを立たせる具体的な方向性はこんな感じでしょうか?
大体は感覚でやっている作業を、目的と方向性をもって考えると、
改善点が見つけやすくなります。



感動的なストーリーを書きたいって人向け。

……あぁ、最初に言っておきます。
感動的なストーリーはキャラや設定などが高いレベルで構成され、
かつ様々な伏線や効果的な演出をすることが出来るような
高い技術者向けのモノです。

素人が簡単にストーリー重視ですなんて言うのは、
もっと修業をしてからにしましょうね?

と、またポロリと毒がw

でも、挑戦することが自由ですからね。
何度も試行錯誤をして、ここはどうか、あそこはあぁだと
考え続けるのはとても大事。

で、当ブログでよくある脱線現象はこのへんにして本題。

まぁ、感動的なストーリー……というか
ストーリー重視の書き出しの場合、どの類型を使ってもOKです。
ただ、全体を通しての演出にどれだけ合うかっての考えます。

とりあえず↑のキャラ書き出しで×ついたのを
軽く例に出して考えてみましょうか。

「時・所型」は、オーソドックスな上に万能な書き出しなので、
インパクトには欠けるかもしれませんが、技術次第では
いい書き出しになるかもしれません。

時系列順のスロースタートにしてもいいですし、
舞台となる場所や世界の説明とか、
いきなり核心部の場所などを説明とか、
使い方次第でどーとでもなりそうです。

「解題型」なんて、こう重苦しい感じでいいかもしれませんね?
ドドーンと重いテーマを出して、すげぇんだぞって感じを
ババーンと出していきましょうw

「前置型」も↑と同じ感じで、
これはストーリーで勝負しているんだって感じじゃないですか?
何事も前置きがあると立派な感じしますしw

「引用型」も話のテーマに繋がっているようで、
訳わかんない偉そうなのをボーンと出しときゃいいですよ。
日本人は悪文を好むって言いますし、
適当に難しいことを書いとけば、なんかスゲーって感じしますw

ははは、↑の半分以上が頭悪い感じですね。
というか、ストーリー重視の人はもっと自分でいろいろ考えてw
書き出しだけでなく全体を通して、いかにして読者を魅了するか
創意工夫をすることが大事だと思います。



設定を重視したい人向け。

まず、この傾向のタイプは
どうしてもスロースタートになると思います。
インパクトある怒涛の展開は、流れの速い川のように
一気に流れてしまうので設定を深く読めません。

展開が急なストーリーと、詳細な設定が同時に
出せないと言う訳ではありませんが、
先人は言ってます。二兎追うモノは一兎も得ず、と。

それに、そういう話はそもそも書き出しではなく
物語全体を通してやるべきことなので、
ここでちょっと説明が難しいです。

スタートが遅くても、
後で一気に怒涛の展開。
ってのもアリだと思いますし。

まずは最初にしっかり設定説明。
で、そこからドバーと行こうぜってのもいいと思います。

最初から最後までスローペースで走り続けるのも
一つの形だと思いますし。

その辺りは自分のスタイルを考えて書けばいいでしょう。

で、そろそろ書き出し類型をいちいち説明するのは面倒なので
自分でどういう書き出しがいいのか考えてみましょう。
すでに、それぞれの書き出し方について説明はしましたし、
書き出しでするべきことも説明してあります。

私自身も未熟な身なので、
これからもずっと考え続けることでしょう。

設定を重視して考える人は、
物事を深く作りこみたい人だと思いますので、
渡したどうこう言うよりも、
ヒントを出して自分で考えさせるのがベストだと思います。

自分の書きたいモノ、
それをよく考えて書く。

まぁ、どのタイプにも言えることですが、
考え続けることが一番大事です。



おぉ~、長い……。
実は昨日からチョコチョコと書き進めてきましたが、
もう何だこりゃって感じに……。

もっとゆる~い話題ならよかったんですけどねw
真面目なのをこれだけ書くと疲れます。

そして、ゆっくりと「うみねこ」やりたいので今日は終わり。

じゃあ、今日はこの辺で。
関連記事
スポンサーサイト
トラックバック0 コメント8
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
No title
コメント | URL | 2010-08-15-Sun 20:59 [編集]
こんばんわ!夢です。

私は話を付けてく(?)タイプです;;
こういうのを書きたいんだ!と思ったシーンの
前後に話を付けてキャラクターを…ですね。

とか、いろいろ読んで思ったのに…!
私は「うみねこ」に目が行きました←
No title
コメントゆさ | URL | 2010-08-15-Sun 21:12 [編集]
こんばんは☆

読んでいて色々考えさせられました~。
わたしはどれ型だろう…。
最後の方にある「自分の書きたいモノ、それをよく考えて書く」が
いちばんしっくりきましたので、たぶんこれかなぁと思いますネ(^ ^)。

書きたい人物がいたら書くし、書きたいエピソードがあったら書くし、
書きたい設定があれば書きます。
煩悩の塊だぁ~。。。(^ ^;)
Re: No title
コメント遠野秀一 | URL | 2010-08-15-Sun 21:23 [編集]
夢さん、コメントありがとうございます。

今ちょうどやってますよ、うみねこww
最後には何かネタを入れずにはいられない
そんな自分の性分が憎いwww

まぁ、色々書いておいてアレですが、
話の組み立てなんて人それぞれですからねw
最終的にいいモノが出来ればそれでいいと思います。
Re: No title
コメント遠野秀一 | URL | 2010-08-15-Sun 21:25 [編集]
ゆささん、コメントありがとうございました。

長々と書いてますが、
やっぱり自分で考えるのが一番なんですよね。
そのキッカケになれれば幸いですw

自分も煩悩超人なのでw
アチコチ適当なところからネタを引っ張ってきてますw
No title
コメント残り粕 | URL | 2010-08-15-Sun 22:24 [編集]
俺は、オチを考えてから、
適当にストーリーを繋げていったりします。

だから、途中でいきなり意味が分からない挿入とかもありますねw

まあ、ストーリーを大まかに考えるってのも良くやりますね。


あ、ちなみに、
対話式記事(キャラ同士で話させる奴)の話ですけど。
Re: No title
コメント遠野秀一 | URL | 2010-08-15-Sun 22:33 [編集]
残り粕さん、コメントありがとうございます。

一応以前に「結」から考えるように、とは言ってたりしますw
今回はあくまで書き出しでどうするかって話。

まぁ、書き出しだけで四回とかやって長いですからねー。
No title
コメント水聖 | URL | 2010-08-17-Tue 02:34 [編集]
いつもながら勉強になります。
遠野さんは本当に真面目で真摯な方ですね、ことに小説に関しては。
ちょっと書き方を(意図的に)露悪的にしているような感じもありますが、それはたぶん照れなんじゃないかと思ってます。
まあ、前置きはこのくらいにして。
書き出しだけでもほんとにいろんなパターンがあるんですね。
とてもわかりやすいです。私も書き出しは毎回いちばん悩むところです。ここで回れ右されてしまうとどうしようもないですし。でも、やっぱりいきなり面白くなるってことは少ないし、たとえクライマックスを最初に持ってくるなどという手法をとったとしても、あとがつまらないとまさに竜頭蛇尾ですし。なにより毎回それやってると飽きられそうです。
インパクトある書き出しは飽きられやすいと思いますし、そのへんのバランスは難しいです。
キャラ・ストーリー・設定これもバランスですね。
私はたぶん、全部の要素を混ぜながら作っていると思います。
こんなストーリー展開になるのならこんな性格だろう、とか、この性格のバックグラウンドにあるのはこの設定とか。
一番考えるのは、自分が読み手になってみることですかね。
自分の作品なんでなかなか客観的に見るのは難しいですが。
長コメですいません、次回もこの講座を楽しみにしてます。
Re: No title
コメント遠野秀一 | URL | 2010-08-17-Tue 20:16 [編集]
水聖さん、コメントありがとうございます。
あと、恥ずかしいので、変な分析するのは止めてください(>_<)

まぁ、それはさておき。
客観的になることは大事ですね。難しいのも確かですがw
私は何度も読み返すようにしてます。
それで客観的になれるかどうかは微妙ですが、
とりあえず気になる点は順次直せる感じです。
トラックバック
TB*URL
<< 2017/10 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


Copyright © 2017 無色の翼、鳥は何処に向かうのか?. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。