作家志望の不定期ブログです。
無色の翼、鳥は何処に向かうのか?
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
風の聖痕シリーズ全読破
2010-08-04-Wed  CATEGORY: 雑記
2009年7月20日に永眠した山門敬弘先生の
「風の聖痕」シリーズを全読破しました。

一周忌の日から時間の合間を見て読み進めて、
今日ようやくナンバリングと短編集を含めて全読破しました。
ナンバリングが6冊、短編集が6冊で、全部合わせて12冊……。
いやぁ~、長かったです……。

最後の方に発行された巻の方には闘病の話が出ていて、
なかなか壮絶でしたね。

短編集の五巻目「幸せなイチニチ」の後書きにて
↓こんなことが……。

・白血病では通常、三万以上で重度と言われる白血球の数が十三万?
・ウィルス性の肺炎を併発して意識が混濁?
・骨髄バンクで適合するドナーが見つからない?
 ⇒あとで移植して退院できたそうですが……
・八コースの化学療法を終えたと思ったら、一週間で再発?

……これで前半だそうです。
あとは骨髄移植をして退院したそうですが、
その後も大変だったそうです。
薬の副作用、二時間以上起きていると眩暈、体重三十キロ減など。

本当に闘いですね……。
亡くなられたのは本当に残念です。
一ファンとして心よりご冥福をお祈りしています。

そういえば、前回でも「風の聖痕」の内容的な話してなかったですね。

えっと、こういう説明って苦手なんですが、簡単にまとめると……、
残虐非道で卑怯ハメ技大好きな主人公(八神和麻)と、
雄々しくて男前なヒロイン(神凪綾乃)がどつき漫才をしながら、
いろいろなモノと戦っていく? みたいな?

……うん、やっぱりこういう説明は苦手だwww
でも、何だかそれほど間違った説明はしてない気がするwww

どのキャラクターも一癖あって、みんな『いい性格』してます。
本当の意味で善良な性格をしているのって……煉君だけ?
いや、でも、あいつも結構……。

短編集なんかは特にみんな『いい性格』を発揮して
特定の弄られ系の方々が酷い目にあってますね。えぇ、面白いです。
皆さんも気が向いた時に是非読んでみてくださいw

じゃあ、今日はこの辺で。
関連記事
スポンサーサイト
トラックバック0 コメント2
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
No title
コメントいき♂ | URL | 2010-08-04-Wed 23:45 [編集]
風のスティグマ、主人公の極悪非道ぶりがかっこよかったです(^^)
一度読んだらのめりこむ系の作品ですよね。

山門敬弘先生、お亡くなりになってすでに一年と一ヶ月。
早いものですね。
ご冥福をお祈りします。
Re: No title
コメント遠野秀一 | URL | 2010-08-05-Thu 00:22 [編集]
いき♂さん、コメントありがとうございます。

あれは清々しいまでに極悪非道でしたねw
もうあの続きが読めないのは残念ですし、とても寂しいです……。
トラックバック
TB*URL
<< 2017/08 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


Copyright © 2017 無色の翼、鳥は何処に向かうのか?. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。