作家志望の不定期ブログです。
無色の翼、鳥は何処に向かうのか?
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
臓器移植について思うことが云々②
2010-07-18-Sun  CATEGORY: 雑記
さっきまで近所の祭りに行ってきました。
宮崎名物 肉巻きおにぎりとか言うのを食べました。
美味しかったんですが、食いにくかったです。

タコ焼きも食べましたが、
もちろんバニラアイスなど掛けませんでした。コーラも。
あれは大阪在住の方が試してくれると嬉しいな、と
何人かにキラーパスwww

あと、カキコオロギ……じゃなかった
カキゴオリも食べました。ネタわかる人いますかねw


さて、いつも前振りは置いといて。


臓器移植について思うことが云々②の本題。
前回の記事で述べてますが、私は移植そのものを
積極的に賛成はしていません。

まぁ一応、臓器提供の意思はありますが、
だからといって必ずしも移植が正しいとは思ってません。

綺麗事だろうと何だろうと、
犠牲がある以上、それを認めるのは嫌です。
でも、それでしか救えない命があるのも確かだから、
認めざるを得ないみない感じです。

でも、まぁ、他にも嫌な問題はたくさんあります。

まず臓器提供の流れから軽く説明します。
まぁ、↓の冊子に書かれている範囲内で。

DSCF0752_convert_20100717204916.jpg

①移植コーディネーターによる説明

 ⇒ドナーが脳死してすぐ現れて、
  いろいろと説明してくれやがります。
  えぇ、人の家族が死んですぐです。
  もっと遺族の気持ちを労わってほしいと思いますが、
  まぁ移植の性質上、仕方ないことです。
  別に臓器を寄こせ、と強要してくることはないはずですが、
  待ちかねたぜー的な登場に不快感は抜群です。

  いや、移植コーディネーターは必要な仕事だと思いますが、
  不満みたいなものはたくさんあるみたいな?
  自分の家族がこんな目に遭うのは嫌ですねって話。

②家族の意思決定

 ⇒ドナーカードに臓器提供の意思があっても、
  必ず意思確認を行います。法的な問題なので。
  全く余計なお世話だと言いたい感じです。
  でも、まぁやらないといけないことなんでしょうね。
  これから貴方の家族の臓器を取り出しますが、OK?
  なんて言われて、気分のいい人なんていないでしょう。

③脳死判定(脳死後の提供時のみ)

 ⇒二回やります。立ち合いも可能だそうですが、
  まぁ見ない方がいいと思います。
  貴方の家族は死にました、と
  改めて言われる気分を想像してください。

  ちなみに、心臓停止後の提供の場合はやりません。

④移植を受ける患者の選択

 ⇒この辺りは遺族に伝えられません。
  特記事項に親族優先と書かない限りは、
  どこの誰に行くかは不明です。
  ドナーの臓器が誰に渡るかは
  絶対に知ることは出来ません。

  ちなみに、親族提供を目的にした自殺を防ぐため
  自殺者の臓器が家族へ提供されることはないです。
  (正確には優先提供がない)

⑤臓器摘出と運搬

 ⇒摘出手術はおよそ数時間(3~5時間)程度だそうです。

  手術痕は綺麗に縫合されるようです。
  ただ、眼球摘出されれば義眼が入れられて、
  皮膚とかの提供がある場合は、服が縫い付けられて
  見られないようなったりします。

  多分、それを見ると相当に切ない気分になるでしょうね。

⑥臓器提供について理解のない人からの誹謗中傷
 (もちろん冊子には書かれてませんよ)

 ⇒よくある誤解として、
  臓器提供するとお金がもらえる的な話。
  日本の法律では、臓器の売買は禁止されてます。
  腎臓など生きたまま提供できる臓器を
  金銭で取引した場合、法律で罰せられます。
  臓器提供は、「あくまで善意に基づく無償の提供」
  なので一切の費用は掛かりませんし、
  謝礼金が発生することもありません。
  葬儀等の費用の支払いも一切なしです。

  酷い誤解もあったモノですが、
  こういう誤解が存在しているのも事実です。

  臓器提供はまだ理解されていない部分が多いです。
  それに対して酷い中傷を言われる可能性はあります。
  自分の家族がこういう目に遭うかもと思うと
  とても良いことをしたって気分にはなりません。



上記のことを改めて理解してから、
臓器移植について考えてみてください。

良いことしたわー、自分www

みたいな楽観的なことを考えていられなくなりますから。
以上のことを踏まえた上で、自分の考えを持ってください。
私の意見については、もう言ってますね。

全部が全部いいことではないですが、
それでも必要だからやらないといけないこと。

と思って、カードに記入しました。

にしても、↑の説明は悪意たっぷりで感じ悪いですねw
嫌な気分になった人には謝罪します。
でも、移植はいい面も悪い面もあることなので、
勘弁してくれると嬉しいです。

提供できる臓器は、
脳死後の場合「心臓、肺、肝臓、腎臓、膵臓、小腸、眼球」、
心臓停止後の場合「腎臓、膵臓、眼球」です。

また、特記事項の記入で追加できる物は、
「皮膚、心臓弁、血管、骨」などだそうです。

これらの臓器が提供され、助かる命があるのもまた事実です。

臓器提供されたからって、
犠牲になった人の分まで生きるなんて言われるのは、
私としては不本意なんですが、まぁいいです。

よし、真面目なことを書くのは疲れたw
明日はアホな記事を書こう!

じゃあ、今日はこの辺で。
関連記事
スポンサーサイト
トラックバック0 コメント4
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
No title
コメント残り粕 | URL | 2010-07-19-Mon 00:15 [編集]
たこ焼きにアイス?コーラ?
・・・やるわけが無いだろう!!
フッフッフ、自分に都合の悪いことは完璧スルーなのさ。

ところで、ドナーねえ。
う~ん、どうだろう。
俺の家族が、俺が死んだことに悲しんでくれたら良いんですけどね!
あ、今のギャグよ、ギャグだってば~!
まあ、それは置いといて、
俺が臓器提供する、って言ったら、
多分親も了解すると思います。
俺の性格くらい分かってるはずですし。
・・・死んだ後ぐらい、人の役に立ちたいですよ(笑)
Re: No title
コメント遠野秀一 | URL | 2010-07-19-Mon 00:41 [編集]
残り粕さん、コメントありがとうございます。

死んだ後くらいってwww
まぁ、それはいいです。

「ギャグよ」って部分をさりげなく字の色を変えている
残り粕さんのツンデレぶりにひそかに和みましたw
No title
コメント水聖 | URL | 2010-07-20-Tue 17:04 [編集]
申し訳ありませんが、キラーパスはスルーさせていただきます。
チャーハンにメイプルはやってみたいのですが、メイプルシロップはアホな実験をやるには、ちょいお値段がお高めです。
アイスクリーム茶漬けをやった方は知ってます。
男子高校生だそうですが、もう二度とやりたくないそうですww

もし国民全員が臓器提供カードを持つことが義務化されたりしたらいやですね。持つ、持たないはあくまでも自由意志にしていただきたいです。
Re: No title
コメント遠野秀一 | URL | 2010-07-20-Tue 19:35 [編集]
水聖さん、コメントありがとうございます。

スルーですかぁ……。残念ですが、仕方ないです。
チャーハンにメープルをやりたいという気持ちはわからないのですが、
いつか感想を聞かせてくださいw

臓器移植はやっぱり個人の意思が大事ですね。
嫌って言う人はやっぱりいますし。
トラックバック
TB*URL
<< 2017/10 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


Copyright © 2017 無色の翼、鳥は何処に向かうのか?. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。