作家志望の不定期ブログです。
無色の翼、鳥は何処に向かうのか?
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
臓器移植について思うことが云々
2010-07-17-Sat  CATEGORY: 雑記
みィ~たァ~なァ~!!www

……いや、まぁ特に深い意味はないですがw
アレですよ。まずは掴みから、みたいな?
昨日の記事を見た人はわかるネタ。

まぁ、それはさておき。
本日7月17日から改正臓器移植法が施行されました。
それに伴ってドナーカードも新しくなりました。
↓が新しい奴ですね。

DSCF0753_convert_20100717204951.jpg

正式には、「臓器提供意思カード」と言うみたいです。

役所や保健所や郵便局などにありますが、
今の時期はどこのコンビニにもあるかもしれません。
ぶっちゃけ、コンビニで見たのは今日が初めてですw

全体像は↓な感じ。

DSCF0752_convert_20100717204916.jpg

新しいカードは、提供したくない臓器に「×」と書きます。
これでつい最近最終回を迎えたエンジェルでビートな番組の
某シーンが……!? ってことになりましたw

そういう小ネタはさておき、
今回の法改正によって、ドナーカードがなくても
遺族が承諾すれば、臓器移植は可能となります。

ついでに言うと、
従来までのドナーカードの年齢制限(15歳以上)が撤廃され、
誰でもドナーになることが出来るようになりました。
ただし、生後12ヶ月未満は除きますが。

とにかく、臓器提供に対してより積極的になったみたいです。

それと、自分もこのカード手にして知ったんですが、
インターネットでも臓器提供の意思表示は可能です。
臓器提供の意思があっても、ドナーカード見つからん、って人は
↓で自分の意思をはっきりさせておいてください。

日本臓器移植ネットワークのホームページへGO!

臓器提供に積極的になったということで、
臓器提供をしたくない、という人ははっきりと言っておかないと
勝手に移植されるかもしれません。

別に臓器移植移植に対して
賛成だからとか、反対だからとか、
そういうことに対して何かを言うつもりはありませんが、
自分の意思は、自分ではっきりさせておいてください。

個人的な意見を言うなら、
移植なんて医療と思えません。

ドナーだって本当は死にたくないと思っているはずです。
人を犠牲にするモノを医療と呼ぶのは、
やっぱり抵抗があります。

でも、臓器提供で助かる命があるのは確かです。

それらを踏まえた上で私は「賛成」します。
……あぁ、なんか違うな。「反対」はしないかな?

ドナーカードの表示上、賛成になるのかな?
ちなみに1番。特記事項は「すべて」「親族優先」で。

脳死後と心停止後では、
提供できる臓器に違いがあるので、
その辺りは実際に自分の目で確認してください。

死んだ後でも腹の中を全部持っていかれるのは怖いですが、
臓器移植が必ずしも正しいことだと思えませんが、
結果が残る以上、認めるしかありません。

個人的にはES細胞とか、iPs細胞とかに期待です。
臓器移植のない世界になるといいです。
まぁ、当分先のことになりそうですが。

にしても、昨日あんなことを言っていた奴とは思えねぇ
とか思わないでねwww

じゃあ、今日はこの辺で。
関連記事
スポンサーサイト
トラックバック0 コメント10
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
No title
コメント三田三((みたみ)) | URL | 2010-07-17-Sat 22:55 [編集]

三田三は昔、ドナーカードを1日10枚集めるのが日課でした(・ω・)



…特に意味はないんですけどねっ!!

Re: No title
コメント遠野秀一 | URL | 2010-07-17-Sat 23:25 [編集]
三田三さん、コメントありがとうございます。

なにゆえに!?
と最初の一文読んで突っ込んでしまいましたよ。
特に意味ないんですか……。そうですか……。

まぁ、日課なんて人それぞれですからねw
No title
コメント花舞小枝の春 | URL | 2010-07-17-Sat 23:42 [編集]
法改正されましたねぇ!
今回の改正で何がどうなったのか、ちょっとお勉強してきます・v・
前のカードは持っているのですが。

ちなみに、個人的には賛成派です。
意識をなくしたあとの自分の身体には興味ないです。
大事な人の……とかだと、またちょっと変わってくる気もしてはいますが。

うん。
とりあえずサイトとんできます。笑
Re: No title
コメント遠野秀一 | URL | 2010-07-18-Sun 00:31 [編集]
春さん、コメントありがとうございます。

改正されましたねー、より積極的な方面に。
個人的には、積極的に反対はしないみたいな微妙な感じですがw

サイトは見ましたが、私の脳味噌には難し過ぎましたwww
No title
コメント残り粕 | URL | 2010-07-18-Sun 10:41 [編集]
いいんじゃない?
死んだあとの臓器ぐらい上げたら。

・・・問題は、
俺の臓器に、ドナーが耐えられるかどうかですし¬з¬
No title
コメントゆさ | URL | 2010-07-18-Sun 19:39 [編集]
こんばんは☆
この件、前に仕事でちょっとかじったのですが
知れば知るほど難しく感じています(^ ^;)。

本人が提供したくても、家族は「肉親の体が傷つけられるなんてイヤ」でしょうし。
お医者さんとしては一刻も早くドナーをと思っても、
「神にでもなる気か」なんて言う人もいる。
どの立場の言うこともわかるから、難しいんですよね…。

「これで良かった」と思えるまでには、時間もかかりそうです。

とか何とか言いつつも、わたしも改正には賛成なのですが。。。
Re: No title
コメント遠野秀一 | URL | 2010-07-18-Sun 20:21 [編集]
残り粕さん、コメントありがとうございます。

ご自分の臓器に随分と自信があるようでwww
多分、耐えられるんじゃないかと。
Re: No title
コメント遠野秀一 | URL | 2010-07-18-Sun 20:24 [編集]
ゆささん、コメントありがとうございます。

家族にとっては辛い問題ですよね。
ドナーという犠牲がある以上、やっぱり積極的に賛成は出来ないんですが、
犠牲がないと助からない命があるのも確かなんですよね。

新しい医療が見つかるまでは、この方法しかないのも現実ですね。
No title
コメント水聖 | URL | 2010-07-20-Tue 17:42 [編集]
エンジェルなアニメは見てました。
音無の「愛してる」がものすごくせつなかったです。
あれ、一種のハッピーエンドなんですか?
好きな人と一心同体に(文字通り)なれたって。
めでたしめでたし、って気分にはとてもなれませんでしたけど。
Re: No title
コメント遠野秀一 | URL | 2010-07-20-Tue 19:37 [編集]
水聖さん、コメントありがとうございます。

切なかったですねー、あれは。
ハッピーエンド……、かどうかは私もわからないですね。
もっと続いてほしかったですね。
トラックバック
TB*URL
<< 2017/08 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


Copyright © 2017 無色の翼、鳥は何処に向かうのか?. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。