作家志望の不定期ブログです。
無色の翼、鳥は何処に向かうのか?
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タイトル書き忘れw 今回重要なのは「誘引」ってこと
2010-06-22-Tue  CATEGORY: 物書き考察
どうにも脳味噌が緩い感じにならないので、
またちょっと真面目な話で。

以前、「書き出しの類型」について少し説明して、
最後に「締め括りの類型」を書きますと言ってたみたいです。
えぇ、まぁ……、ぶっちゃけ、忘れてましたwww

ちなみに「書き出しの類型」の記事は↓です。

国語便覧って実は凄いんですよ

で、さ~て「締め括りの類型」を……と思ったんですが、
「書き出し」の次がいきなり「締め括り」でいいの?
と思って考え直しました。

もうちょっと書き出しの話をしましょうか。

前回は「書き出しの類型」の話だったんですが、
今回は「書き出しの役割」の話をしましょう。

「書き出しの役割」はただ一つです。



「誘引」です。



要は、読者を惹き付けて続きも読みたいって思わせることです。
まぁ、基本と言えば基本ですよね。でも、結構わかってないです。

最初読んで面白くないなーって思ったら、
もう読むの止めてしまいますよね。

だから、掴みが重要!

ってことです。
趣味で書いている人だろうと、商業で書いている人だろうと、
まずは面白いと思って読者を引っ張らないといけなんです。

人に読んでほしいと思うなら、
まずは「誘引」です。

では、どうすれば読者の興味を惹けるのか?

それは私も聞きたいwww

まぁ、そんな本音はさておきw
前回の類型で言うと、破題型などがインパクト強いですね。
そもそも破題型の目的が、いきなり話題の核心から語って
注意を惹きつけようとしている、ですからね。

他にも回想型などもいいかもしれませんね。
まぁ、破題型も回想型も失敗すると目も当てられませんがww
ハイリスク、ハイリターンになることも。

時・所型とか人物紹介型は無難すぎる感はありますが、
もちろん失敗すると本当につまらないってことがwww
ハイリスク、ローリターンって感じです。

時・所型とか人物紹介型の注意は、
長々と説明するのは正直駄目です。
よく設定を作りこんだ人が長々と書くことがあるんですが、
最初は必要最小限のことだけで充分です。



書き出しの役割は、「誘引」です。
登場人物、舞台設定の説明は全体を通してやればいいことです。



↑の勘違いは本当に多いと思います。
登場人物や、舞台設定はどれだけ作りこんだとしても、
最初のうちに全部説明する必要はありません。

ストーリーを進めていく間に必要な分だけ、
出していけばいいんです。

そもそも、いきなり説明文ばっかりって面白いですか?

まぁ、書き方次第だと思いますが、
最初のさして興味もない段階でいきなり訳もわからん説明を
ぐだぐだとされるのは正直苦痛では、と思いません?

ただ、もちろん説明文が駄目という訳ではありません。

むしろ、個人的には好きですよ。
でも、それはそれ。これはこれ。
最初にやるべきことは読者の興味を惹きつけ、
それから説明した方が、読む側としても楽しめます。

今回は類型云々って話ではなく、
個人的な見解が強かったですね。
ここまで読んでくれた人はありがとうございます。

とりあえず、重要な部分は行間開けて目立たせておきました。

じゃあ、今日はこの辺で。
関連記事
スポンサーサイト
トラックバック0 コメント2
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
No title
コメント水聖 | URL | 2010-06-23-Wed 00:19 [編集]
「誘引」という言葉は知りませんでしたが、記事はよくわかります。
最初の400字くらいって重要ですよね。
説明文がずらーだと、私なら本を閉じたくなります。
まずは興味を持たせて、それからゆっくり説明に入る。
小説読むのは「勉強」ではないですから。
少なくとも私にとっては「娯楽」です。
登場人物を理解してから背景を知る、その順序でいけば多少難解でもついていける気がします。
いろいろ勉強になりました。機会があったらまた続きをお願いします。
Re: No title
コメント遠野秀一 | URL | 2010-06-23-Wed 00:32 [編集]
水聖さん、コメントありがとうございます。

自分は「説明したがり病」なので、
説明文ダラーってのは多かったです。
ってか、今でほ多いです。

なので、書き出しのところでは注意するようにしてます。

登場人物とかの説明はあとでも出来るんですよね。
それを考えると、やっぱり最初に優先するのは
人を惹きつけることかなーって思います。

あと、最近真面目な記事ばっかりなので、
そろそろ娯楽的なアホな記事を書きたいです。
ウガー!!
トラックバック
TB*URL
<< 2017/11 >>
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


Copyright © 2017 無色の翼、鳥は何処に向かうのか?. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。