作家志望の不定期ブログです。
無色の翼、鳥は何処に向かうのか?
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ZERO×ZERO
2010-06-08-Tue  CATEGORY: 詩 & 短編小説
また小説だか詩だかわからないモノを書いてしまいました……。
いや、今回はたぶん詩ですかね……?

っていうか、もう鬱過ぎる……。

自分で書いておいて言うのもアレですが、
あまり読むのは推奨しません。リアルに鬱になりそうです。

どうしても気になるという人だけ追記を……。



ZERO×ZERO

自分の中には何もなくて、
からっぽの自分を殺したい。

何も出来ない。
誰も助けてくれない。
どうして私は独りなのか?

無力であることが嫌で足掻き続けても、
ゼロは何度掛けてもゼロにしかならず、
からっぽの自分に満たされるモノはない。

誰か教えてください。

ゼロには何も出来ないのか?
生まれきてはいけなかったのか?

生まれてきた意味を誰か教えてください。

からっぽの自分は
何をしたって駄目なのか?

何もしなかった訳ではないけれど、
何も出来なかったことはきっと、
何もしなかったと同じ意味。

ゼロはどんなに努力しても
ゼロ以外になることは出来ない。

何も出来ないからっぽの自分が許せなくて、
誰か私を殺してください。

眠れぬ夜にはきっと、
死神が私の首を刎ねる。

貴方はきっと知らないでしょう。

眠れない夜の私の嘆きを。
夜の闇がどれだけ人の心を蝕むかを。
安息の眠りが平等に与えられるものではないことを。

誰かからっぽの私を殺してください。

だけど、私の声はきっと誰にも届かない。
何故なら、私の声を聞いてくれる誰かなどいないから。

からっぽの私は独り。
誰も助けてくれない。

私の苦しみは誰にもわからない。
誰もこの苦しみからは救ってくれない。
ゼロは誰にも必要とされないから。

私はからっぽ。
誰も私の姿を見ていない。

私はからっぽ。
誰も私の声を聞いていない。

私はからっぽ
誰も私の苦しみを理解してくれない。

私は何のために生まれ、
誰のために生きているのだろうか。
人は誰かのために生きているのに、
私は人とは繋がっていない。

土には雨がある……。
花には光がある……。
虫には蜜がある……。
鳥には風がある……。
空には海がある……。

だけど、からっぽの私には何もない。

死にたい。
ただ、それだけなのに、
それさえ出来ない自分が許せない。

死にたい。
ただ、それだけなのに、
誰も私の声を聞いてくれない世界。

死にたい。
ただ、それだけなのに、
私は何も繋がらずに死ぬことが出来ない。

果てしなき空を翔ける自由の翼がほしい。
だけど、人は鳥にはなれないから、
私の翼はどこに向かえない。

折れた翼はどこにも飛べなくて、
空はまた闇に染まっていく。

死神は私の側でじっと待つ。

だけど、その鎌はいつ振り下ろされるのか?





ZERO×ZERO=???



あとがき

○○には見えないって訳じゃないですよ?
単純に色が白なだけです。

あと、元ネタ?
みたいなモノは今日のツイートに……。
関連記事
スポンサーサイト
トラックバック0 コメント8
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
No title
コメント84g | URL | 2010-06-08-Tue 21:35 [編集]
始めまして。 物書きコミュニティから来ました。

自分、割とポジティブ人間なので、筋違いなことかもしれないんですけど、
ゼロのアピールは良いと思うんですけど、同じことを繰り返しても出オチな印象が有った。
なんというか、作品的には、最初の数節でゼロの表現はできてるから、
そのあとはゼロ以外の何かもやった方が深く鬱に叩き落とせる気がしました。
No title
コメント | URL | 2010-06-08-Tue 21:57 [編集]
こんばんわw夢です^^

読ましていただきました。
私は基本読むのは詩のが好きですよww

ゼロを上手に使っているなぁと。
あとは、個人的に

>空には海がある……。

は好きでしたww
私は人様に言えるぐらいに才能ないので
上手に言えませんがががww

私は好きです^^
勉強になります。
Re: No title
コメント遠野秀一 | URL | 2010-06-08-Tue 22:58 [編集]
84gさん、コメントありがとうございます。

初めまして、遠野です☆
貴重なご意見ありがとうございます。

自分、別にネガ人間じゃないですよw
普段はカンカン菅と歌っているような感じです。
まぁ、鬱になるような出来事があったりしますけどね。

というか、批評っぽい意見にワクワクしてます。
文芸部毒舌畑の出身なので、こういうのはドーンと来いですわw
まぁ、今回のは2時間でチョチョと書いたモノなので
大した出来ではないので、ちょっと恥ずかしいです。

とりあえず、「ゼロ」のアピールと、同じことを繰り返したのは、
作品として統一感を出すためにやった演出ですね。

長さとしても短いので、
他のを出しても雑多になるだけかなー
と思ってやりませんでした。

短い話などでは、いくつも言葉を出すより
同じ言葉を繰り返す方が効果的のことが多いです。

印象に残りやすい。
テンポよく読める。
統一感が得られる。
↑みたいな利点があります。

でも、ぶっちゃけ、考えるのが面倒だったてのは秘密ですwww

あと、アピールという点では「からっぽ」の方を強く出したつもりです。
ちなみに、「からっぽ」=「ゼロ」ではありません。
「からっぽ」≒「ゼロ」って感じです。

「からっぽ」は私の修飾語として使いましたが、
「ゼロ」を直接私と=では結んでいません。暗喩っぽくはしましたが。

以上が私の意見です。
あと、出オチは使い方が微妙に違いますよ。
あれは登場と同時にウケを取るものなので。

久し振りに批評意見をもらって、
随分とはしゃいでしまいました☆

貴重なご意見にはとても感謝しています。
ありがとうございました。
Re: No title
コメント遠野秀一 | URL | 2010-06-08-Tue 23:06 [編集]
夢さん、コメントありがとうございます。

ノリで書いた鬱詩を読んでいただいただけで嬉しいですよ。
あと、実は「からっぽ」の方がたくさん出ているんですけどねw

タイトルは「からっぽ」でいいのが浮かばなかったから
「ゼロ」でいいや^^ってノリで……。
内容はアレですが、結構ノリがたくさんあったりしてますw
No title
コメント花舞小枝の春 | URL | 2010-06-09-Wed 00:01 [編集]
こんばんは☆
ツイートと、つながりました。笑

タイトルと、土・花・虫・鳥・空の言葉(文字)だけを見ていると、
私だったら全然違う話を作りたくなるんだろうな、と思って、とても新鮮でした*^^*

鬱でもカンでもOKですwww
Re: No title
コメント遠野秀一 | URL | 2010-06-09-Wed 00:12 [編集]
春さん、コメントありがとうございます。

ツイートから壮絶に長い前振りでしたwww
無駄に続けるの好きなんですよね。

名古屋道中記のせんと君ネタとか☆

土・花・虫・鳥・空って綺麗な言葉で
あんな鬱ネタは自分でもどーかと思うんですけど、
どうにも素直じゃないんで、自分w
No title
コメント飯野 | URL | 2010-06-09-Wed 02:51 [編集]
久しぶりに、コメしますよ。
極主観的なものですが、ビビビとキタので。
とはいえ、世の中の感想なんてゴタイソウな物は、大抵そんなもんですよね。
「このように捉える人もいる」程度に読んでもらえると嬉しいですな。

ゼロの表現を、僕はデジタル、あるいは数字の0として捉えていますが、同時に0=有意な存在として認識しています。
自らが空っぽであることが分かっているということは、即ち、既に自分が真に空虚な存在ではなく、有意な存在であるということを分かっていることになりますよね。
その上で、自分の中にある虚無性について語っている。
そのため、この詩でいうゼロは、総じて空虚、あるいは、限りなく虚無に近い存在に対する、あるいはNULLに対する憧れとでも言えばいいのかな。
実体はないんだけど、そこに存在するというか。
完全に無意味ではないが、限りなく無意味に近いことを分かっていて、完全な無意味になれないことに対するディレンマを描いているというか。
ネガティブな憧れのようなものを描いた、えらくポジティブな物に読めました。
真にからっぽ=虚無的な存在であれば、即ち、形にすらならないわけだから。

はて、何を言っているのか、自分でもさっぱりですが、端的にまとめると以下のような感想です。

脱鬱に向けたえらくポジティブな内容だな、と。
変に元気をもらいました。
(コレはもともと遠野君がポジ人間であることに起因するのかしら)

以上です。
とんでもない誤解をしていたら、ごめんなさい。
Re: No title
コメント遠野秀一 | URL | 2010-06-09-Wed 19:23 [編集]
飯野君、コメントありがとう。
まさか元気を与える結果になったことがビックリw

まぁ、これはストレス発散するために
書いたモノなので、実際書き終わった後は
スッキリした覚えがあります。

私個人としては脱鬱はしたんですが、
まさか他の人までってのは予想外です。
内容は完璧鬱ですからw

Nullはないと困ですよね、システム的にも。
二進数になると、ゼロがないとそもそも成立しないですし。

多少形式にはこだわりましたが、
あまり考えて書いた訳じゃないので、
ここまで言ってもらえると恥ずかしいですわw
トラックバック
TB*URL
<< 2017/09 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


Copyright © 2017 無色の翼、鳥は何処に向かうのか?. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。