作家志望の不定期ブログです。
無色の翼、鳥は何処に向かうのか?
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
鬼は朧夜に散り、死装束は朱に染まり(弐)
2014-12-21-Sun  CATEGORY: 小説:鬼は朧夜に散り、死装束は朱に染まり
劇中は秋設定です。
明言自体はしてないですが、
秋を示す単語がチラホラ出てます。

某、魚とか。



鬼は朧夜に散り、死装束は朱に染まり

  弐


「せりゃあああッ!!」
上坂吐夢の朝は大抵、妹のダイビング・ボディ・ブレスから始まる。

何故、大抵かというと、派生としてダイビング・エルボー・ドロップだったり、ダイビング・ニー・ドロップだったりするからだ。
もちろん妹君も手加減をしているし、彼女自身も小柄で軽いので、これまで怪我を負うようなことはなかったが、熟睡しているところにプロレス技を仕掛けられるのは決して気分のいいものではなかった。

そんな目覚め方が嫌ならば、普通に目覚まし時計で起きればいいと思うだろうが、そうは問屋が卸さない。というか義妹様が許さない。目覚まし時計を購入しても、次の日には壊されてしまうのだ。携帯電話のアラームは設定しても夜中のうちに解除される(何度もやっていたら携帯電話そのものを一度壊された)。仕舞いには、私なんかお兄ちゃんに必要ないのね~と泣き喚く始末だった。
結果として、吐夢は毎朝、妹のプロレス技で起きなければいけなかった。

だが、血の繋がっていない可愛い義妹に起こしてもらえるのだから、ダイビング・ボディ・プレスくらいは目を瞑るべきである。
続きを読む
スポンサーサイト
トラックバック0 コメント0
<< 2014/12 >>
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


Copyright © 2017 無色の翼、鳥は何処に向かうのか?. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。