作家志望の不定期ブログです。
無色の翼、鳥は何処に向かうのか?
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大きな樹の下で 第九話「オムライス」
2010-07-31-Sat  CATEGORY: 小説:大きな樹の下で
作中でチョロッと出てくるオムライス、
私も作ろうかなーと考えているモノです。

気が向いたら別記事で書くかもしれません。
そしたら、こっちにもリンク貼ったりするかも……。
まぁ、忘れなかったらの話ですが……。

・第一話「はじまりのはじまり」
・第二話「大きな樹」
・第三話「ワンコの気持ち」
・第四話「タマヒメ」
・第五話「一年八組の愉快な仲間達」
・第六話「君の旋律を聞きたい」
・第七話「はじめてのライバル」
・第八話「着ぐるみ理論」



大きな樹の下で
第九話「オムライス」


私が目を離した隙に、このウドの大木は……。
本人は全くモテないつもりのようだが、あれで大樹は結構モテやがる。顔立ちは悪くない方だし、優しくて気遣いも出来て、他のボンクラ連中とは全然違う。

これまでは私が徹底してガードしてきたけど、別のクラスになった今ではそれも難しかった。

しかし、一番頭が痛くなる問題は珠樹のことだ。

あれは今までで最強のライバルだ……。

大樹と珠樹は雰囲気が似ているというか、波長が全く同じなのだ。纏っている雰囲気とか、根本的な性格などが凄く似通っている。だからこそ、二人の距離は自然と近くなってしまう。

どっちも天然だからまだ恋愛対象として見ている感じではないけど、もし片方にスイッチが入ってしまったら最悪だ。

そして、一番厄介なのは、私自身が珠樹を嫌いになれないことだ。

大樹と雰囲気が似ていることも相まって、珠樹の側にいるのは心地よかった。いっそ敵として嫌いになれれば、追っ払うのも楽だったのに。

あっ、それと胡桃も要注意だ。
奴に対しては容赦なく噛み付けるが、返り討ちに遭う可能性が高かった。全く……、高校初日でいきなり厄介なのが二人も現れたな。


「小豆、今日は何食べたい」
「何でもいい」

「それが一番困るんだけどな……」



続きを読む
スポンサーサイト
トラックバック0 コメント2
<< 2010/07 >>
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


Copyright © 2017 無色の翼、鳥は何処に向かうのか?. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。