作家志望の不定期ブログです。
無色の翼、鳥は何処に向かうのか?
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
描写のことをほんのちょっとだけ
2012-07-18-Wed  CATEGORY: 物書き考察
物凄い久し振りにこのカテゴリで記事書きますね。
このカテゴリは力入れないと書けないですかねー。

もしくは、目の前に課題があるのに行き詰ってて
行き場の失ったベクトルがずずーっとズレてしまった時とか……。

そう、まさに今www
今まさに現実逃避中!!

まぁ、これは予約投稿なので、
現在進行形の「今」ではないんですが。
どの「今」なのかは、物書きの会の某トピック更新日時を
見てください。……文章を書くのに時間掛かったので、
実際は更新日時の随分前ですがww

と、くだらない前座はこの辺にしておいて。
描写的なことを、本当にちょっとだけ書きました。
もう、本当にちょっとだけ。本気で書くんだったら、
これの十倍二十倍以上の文字数必要ですし。


▼比喩的修辞法
直喩、隠喩、風喩、提喩、換喩、擬人法、擬態法

比喩というのは、たとえること。
AというものをBという言葉で表現する、みたいな?

「Aはまるで儚い少女のようだ」と、まるで~ようだ、を使うのが直喩。
「今のAは儚き少女」と、あからさまではない比喩を使うのが隠喩。

隠喩、メタファーとも言うそうですが、
直喩より格好よさげで、描写として上等っぽく見えますが、
連続してやられるとウザいし、くどいです。下手するとわかりづらいですし。

その他の比喩表現をざっと言うと、

風喩→ある比喩でその裏にある真意を示す
「連中の天秤の傾き方は常に決まっている」→天秤=審査基準的な何か?

提喩→全体の名称でその中の一つを指す、もしくは逆で示す
「パンのために働いてる訳ではない」→パン=食料など生活必需品

換喩→事物の特徴や部分を示し、その事物全体を表す
「赤頭巾は悪い狼をぶん殴りましたw」→赤頭巾=赤頭巾をかぶった少女

擬人法、擬態法は説明不要ですよね?
と、比喩だけでこんな感じです。

▼誇張的修辞法
誇張法、倒置法、感嘆法、設疑法、命令法、反語法、反復法、列挙法

誇張表現は割と自然に使っているので、
解説とかは不要ですね(わからないのは自分で調べてください)
感嘆法、設疑法、命令法は一人称とかではないと
使いませんが、多分この辺りも自然に使われるでしょう。

▼変化的修辞法
対句法、対照法、省略法、引用法、短叙法、現在法、過去法、挿入法

これは○○法って名前からだと微妙にわかりづらいですかね?
対句法は、類似した表現を並べて文章を整える技法。
対照法は、相反する二つの事柄を並べて違いをはっきり表現する技法。
省略法は、文章省略。引用法は、引用。短叙法は、文を短く区切ってく。
現在法と過去法は、文字通り現在形か過去形で書く。
挿入法は、文中に独立的な語句を入れて変化を出す技法。


あと気を付ける点としては、
物を表現する時は、マクロ(大)→ミクロ(小)が基本ですかね?
まぁ、大→小→中みたいな変な順番にしなければ
ミクロ(小)→マクロ(大)もありです。

人間は普通、パッと見で全体像を把握して、それから細部を確認。
ってのが基本的な流れなので、その流れに沿った表現にすると、
読者にとってイメージしやすいものになるかと。

最後に基本中の基本ですが、
正しくわかりやすい文章を心掛けるのが一番です。
っていうか、これが出来てない人が割と多い……。

主語、述語の呼応を正しく。
動詞を正しく。自動詞、他動詞、使役動詞を正しく。
長過ぎる文章は注意。でも、敢えて長くするのもアリ。
修飾語に注意。読点に注意。等々。


うん、随分と省略しました。
まぁ、現実逃避中にやらかしたことなので、
それほど大したことは書いてませんがw

描写は描写で奥が深いんですが、
飾ることよりも中身を磨く方が大事だと思います。
まぁ、飾る技術もなければ、そもそも中身以前の問題ですが。

人間、中身が大事。
小説だって、中身が大事です。

でも、身嗜みの出来てない人間って、それ以前の問題です。
やっぱり小説も同じことが言えて、文章がまともじゃないと
読む気も失せますよね。

ただ、着飾り過ぎて、中身を蔑ろにしちゃ駄目ですね。

礼儀として整えることも大事。
だけど、本当に重要なことを忘れてはいけない。

って、勢いで書いているので
文章ごちゃごちゃになってますがww
その辺りはご容赦ください。

じゃあ、今日はこの辺で。
スポンサーサイト
トラックバック0 コメント2
登場人物Aに名前を付けるべきではない
2011-08-25-Thu  CATEGORY: 物書き考察
昨日の記事、「七人のナンタラは考えられた数字」に続き、
登場人物のナンタラって話です。

前回は、人間の記憶力には限界があるので、
ストーリーに対して登場人物の数は考慮すべき、
って話でした。

作者は自分で作ったキャラだから覚えられるでしょうが、
読者が作者と同じレベルでキャラを覚えられるかってのは
別問題です。まぁ、中には作者以上に覚えてる
マニアックな方々もいるでしょうがw

でも、多くの場合で
作者が意識するより読者はキャラを覚えてなかったりします。

主人公や恋人や敵役とかは
主要人物なので、さすがに覚えるでしょうが、
問題なのは脇役なんですよね。



脇役、これが実に難しいです。
物語を彩ってくれる大事な役回りですが、
使い方を間違えると全てを台無しにします。

過ぎた調味料が
料理を台無しにするのと同じです。

映画やドラマのような映像媒体ではない小説では、
人物が他のメディアより覚えにくい傾向があり、
無駄な登場人物は出さない方がいいんです。

敢えて、セオリーと逆のパターンで
挑戦するのも一つの手ではありますが、
セオリーを逆らうということは、そのセオリーを
十分理解して裏を突く力がなければ成り立ちません。


例えば、学園物で「担任教師」が出るとして、
その人物に詳細な設定が必要でしょうか?

まぁ、敢えて面白い設定にして
笑わせるのも手かもしれませんが、
普通は必要ないですよね?

もっと身近な友人とかはどうでしょうか?

友人に名前を付けると厄介ですよ。
大して実りもない話でページが浪費されたり、
そういうシーンがつまらなくて読者の興味を失ったり、
そういうリスクがあります。

そのリスクを承知した上で、
ストーリー進行上に必要と判断し、
重要な役割を与える意味があるのか?

その辺りを少し考えてみてください。

意外と不必要なキャラがいたりしませんか?
はい、身に覚えがあり過ぎて泣きたくなります、私がwww
登場人物を府や過ぎて失敗したケースが多々あります、私がwww



あとは、目的に見合った人物を出すっても大事ですね。
わかりやすい例を上げると、ラブコメハーレム系の話で
野郎ばっかりだった嫌でしょう?

ラブコメハーレム系なんだから、
やっぱり女の子が出てしかるべきですよね?

主人公に男の友人がいないのは不自然だとか
そういう論理は置いといて、極力男性は排除の方向で
検討すべきなんです。

女性にわかりやすい例を出すと、
BLで女が空気読まずに登場したら邪魔でしょう?
そういう感じです。



脇役には、登場するに足る「意味と役割」があり、
なおかつストーリーを彩る魅力が必要なんです。
だから、ある意味で主人公より難しい。

皆さんもがんばって、登場人物を考えてみてください。

じゃあ、今日はこの辺で。
トラックバック0 コメント2
七人のナンタラは考えられた数字
2011-08-24-Wed  CATEGORY: 物書き考察
映画「七人の侍」からインスピを受けて、
七人の○○ってのがチョクチョクありますね。
あの七人ってのは、意味ある数字なんです。

もちろん、ラッキーセブンとか
そういう洒落的な意味ではなく、
物語の構成的に意味がある数字です。

少し話が変わりますが、
皆さんは、規則性もなくランダムに並べられた数字を
一体何個くらいまで覚えられると思いますか?

規則性のないってのは厄介です。
人は、ただ意味もなく並んだ数字ってのは
非常に覚え辛く出来てます。

逆に言えば、意味があれば
結構な数を覚えることが出来たりするんですけどw
今回は、完全にランダム、規則性なしの
数字を幾つまで覚えられるかって話です。

多分、二桁以上となる自信ないですよね?
でも、五個くらいならイケそうですよね?
五個以上、十個未満。

いきなり提示されて記憶できる数ってのは、
それほど多くないんです。

……数の話は何処で聞いたんだっけ?
認知心理学の授業だったかな?
ゲシュタルト崩壊とかも聞いたかな?
まぁ、それはどうでもいい余談ですがw



さて、ここで「七人の侍」に話が戻ります。
「七人」というのは、観客が上映時間内で覚えられる人数なんです。

映画一本分の長さで、
各キャラクターの個性などを把握理解できる数、
というのが、大体「七人」くらいなんです。

まぁ、実際は七人以上の人物が映画内に登場しているでしょうが、
主要な七人さえ覚えていれば、話の流れは充分理解できます。

七人って意外に多いなーと思うかもしれませんが、
例えば、味方「四人」敵「三人」って分けると、
ちょうどいい数っぽく見えませんか?

一本の映画で覚えられる数ってのは、
意外と多くないですから、七人でも多いかもしれないですがw
七人ってのは、考えられた数字なんですね。



ただ! 注意してほしいことがあります!

↑の七人ってのは、
映画という映像媒体、上映時間、演出などなど、
そういうのを考慮した上の数字です。

映像媒体ってのは、
映像や音声など色々な情報があって、
覚えやすいですよね?

小説の場合だと、
文字媒体だけになるので、登場人物を覚えにくくなり、
七人というのは多いかもしれませんね。



小説に限らず、漫画ゲーム映画など、
ストーリーのある物では登場人物ってのは大事ですね。
キャラ物って揶揄されるものもあるくらい、
登場人物だけでも話を構成出来たりするものもあります。
それくらい大事なんですよね。

だから、たくさん登場人物を出しても、
覚えられない、ということを考慮してください。

で、主要人物を七人にするか、
それ以下にするか、それ以上にするか、は
自分で決めてください。

どれだけ丁寧にキャラクターを描くかってのは、
作者の腕や好み次第ですし。

あと、話の長さというのも考慮しないといけないですね。
ある程度長さがある話ならば、登場人物が多くても
大丈夫でしょうが、短いのにキャラ多しだと混乱します。

話の長さに合わせて、
登場人物の数を考える。
まぁ、基本と言えば基本ですが、
読者視点でどれくらいの数なら覚えられるか、
というも考える必要がありそうです。

じゃあ、今日はこの辺で。
トラックバック0 コメント0
もう一つの四段構成「結承転提」
2011-08-04-Thu  CATEGORY: 物書き考察
「結承転提」って知ってますか?
承転」ではありません、「承転」です。

あまり聞き覚えはないかもしれないですね。
特に学生はないんじゃないですかね?
逆に社会人は聞いた覚えがあるかも?


承転」は
ビジネス文書の基本です。


まぁ、私がビジネス文章を書き慣れているとか、
そういうことは全くないのですがww
企画書とか書く仕事をしてた訳でもないですし。

それに、物書き考察に入れているので、
一応は執筆の話。



でもまぁ、一般的な「結承転提」について
かるーく説明しましょう。

もう一度言いますが、
「結承転提」はビジネス文章など
使われる構成です。


まず、結論
で、締めに提案


これで、この企画通してもらえませんか?
とお伺いを立てます。起とか承とか転とか、
そんなこと必要ないです。まず「結論」を説明します。

だって、それが大事なポイントだから。
この「結論」に至るまでのナンタラは、
別に必要ないので。

多忙な方に対してアレコレ説明するのは
大事といえば大事ですが、省けるなら省いた方がいいです。
というか、「承」は後でもいいんです。後で。
まず、「結論」を見て、判断してもらわないと。

世知辛いですが、
ビジネスではプロセス重視されないの。
結果がどうなったかが大事。



「結論」をまず読んで頂きます。
多忙な方に無駄な時間をかけてはいけません。
まずは手早く結論からイキマショウ。

「承」で経緯や背景について説明。
何故、このような結論に至ったのか、
先方を納得させるだけの理由を書きます。

「転」は話を変えます。
結論から、どのような展開へ行くべきか。
この事業を更に進めるのか、それとも別のプロジェクトで
やっていこうとか。そういう話へと転がしていきます。
もしくは結論について更に論じてもイイです。

「提案」では、……まぁ提案します。
具体案ですね。↑のような結論になりましたが、
今後はこのような事をしたいですが、
どうでしょう? OK? NG? 判断してね?
と問うような感じ。


↑の説明は、企画書寄りの感じですが、
別に通知メールとかでもいいです。

 貴方、不採用(結論)
 だって、○○なんだもん(承)
 残念な結果でしたが(転……で話を終わらせて)
 次がんばって(提案……他当たってって意味w)

っていう感じで。
↑だと、まず「不採用」って結論が大事じゃないですか。
大事な結論から言うのがビジネス文章。





「結承転提」はビジネスの場で使われる
文章構成ですが、別にビジネスだけで
使われるって訳ではありません。

小説でもイケる。
以前書いた「書き出しの類型の話」を思い出してください。

回想型」という書き出しがありました。
コレは事件などを思い出しながら書き始める、
という形です。コレってある意味、
「結」からの始まりですよね?


結局、こういう結果になりました。
さて、それではこうなった経緯を語りましょう。


という形なので、アレ?
これって「結承転提」じゃねって?
何だか回想型って、すでに結論みたいなのが出てるから、
最終的に読者に問いかける終わり方をするような
印象があります。個人的に。


あと、素直に起承転結で始まらないパターンと言えば、
破題型」もそうですね。

いきなり派手な展開を出して。
何故、そうなったのかって経緯を描く。
まぁ、「提案」では終わらないかもしれませんがw
細かいことは気にスンナ!!



日常会話なんかでも、
自然と「結承転提」を使ってるかもしれませんね。
例えば……、

「駅前のラーメン屋、マジ美味いんよ」(結論)
「魚介ベースのスープが絶品でさ」(承)
「昼は行列スゲーけど、三時くらいは空いてるんだ」(転)
「今度、一緒に食いに行くべ」(提案)

みたいな感じで。
「あそこのラーメン屋美味いべ」
って結論を言うために、ウンタラと
起承転と語りませんよねw

まぁ、語る人は語りますかw


最後の余談(ラーメン屋のナンタラ)はともかく
文章構成は知っておいて損はないので、
覚えておくことをお勧めしときます。

「結承転提」大事。
「起承転結」より使います。

じゃあ、今日はこの辺で。
トラックバック0 コメント0
文章構想の基本型(三~六段型)
2011-04-02-Sat  CATEGORY: 物書き考察
三段型:序破急
四段型:起承転結
五段型:ソナタ形式
五段型:起承鋪叙結
六段型:起承鋪叙過結

↑は論理的な文章を書くために
必要な基本的な型です。

まぁ、小説は最小で
「起」と「結」だけいいんですが、
それが通用するのは短編だけですね。
長編は三段階以上の構成になります。普通は。

俺は型なんかに囚われねー!
とか言う方は参考にしなくてもいいですが、
小説において起承転結が出来てないモノって
基本的につまらないので、型に囚われないという方は
きっとつまらないんでしょうねー。

変則スタイルは基盤がしっかりしているからこそ
出来るのであって初めから出来る人はいないですし。

まぁ、毒はこの辺にしておいて
文章構想の基本型についてです。



▼序破急
三段型。能楽から転じた言葉で
文章構成だけではなく、伝統舞踊や武芸などでは
普通に使われているそうです。

能楽などの場合だと、
「序」では低速度でゆっくりと始まり拍子を整え、
「破」では拍子を変えていき、
「急」では加速が入って締めになります。

徐々にスピードアップしていく感じです。
盛り上がっていくぞーって感じです。

文章の構成では、
「導入⇒展開⇒終結」もしくは、
「発端⇒経過⇒結末」と言った感じです。

「序」で何かが起きて、
「破」で何かついて説明して、
「急」で何かについて結論を出す

まぁ、小論文の構成っぽいですが、
小説も小論文も構成自体は大して変わりません。
小論文だと「序論⇒本論⇒結論」と言った感じ。

この三段型を応用すると、
「結論⇒説明及び解説⇒結論の確認」
「序論⇒結論⇒解説」みたいなこともアリです。

変則と言うのはこういう形を言うのであって、
型に囚われねーとかいう馬鹿素人が
ダラダラと書いたモノを言うのではありません。



▼起承転結
四段型。もはや説明が必要かというくらいメジャーな型。
元は漢詩から来ているそうです。他の起承~~も中国発祥。
三段型の「破」の部分が二つに分かれた型ととってもOKです。

テンポ上がっていくところを「承」で、
上がり切ってテンポが変わるところを「転」って
感じにとってもいいでしょうね。

事態が一転して危機になるというのは、
ドラマの基本ですからね。

ほのぼのした話であっても、
終わり前には一捻りありますよね?
それは立派な「転」です。
のんびりした話に起承転結がないって訳じゃないです。


発端⇒事態の発展⇒クライマックス⇒終結


起承転結ってのはやっぱり話作りの基本であって、
これがなってない話ってのは正直面白くないですね。

短編とか連載話だからって、
ただ展開をダラダラ書くだけってのは
正直好きじゃないですね、私は。

小論文的に見ると、
序論⇒説明⇒論証⇒結論
って形になりますね。本論がより細かくなってます。



▼ソナタ形式
五段型。文字からもわかるとおり音楽用語から。
小論文で多い型です。

序論⇒説明⇒論証⇒列叙⇒結論

音楽用語の方だと、
序奏⇒提示部⇒展開部⇒再現部⇒終結部
となります。最後は結尾部ともCodaとも。

提示部と再現部は、
主題を見せるという点では似てます。

展開部が起承転結の「転」に当たって、
次にもう一回「承」が来て、
最後に「転結」って感じですね。

「起承転-承転-結」

って感じに近いかもしれません。

もう一つの型、起承鋪叙結ってのも
手持ちの資料に詳しく描いてないんですが、
字面的には似た意味ですね。



「起承鋪叙結」と「起承鋪叙過結」は
中国での文章分類に使われる言葉です(起承転結もそうだけど)。
こっちは手持ちの資料にちゃんと書かれません。
なので、ざっくばらんに言葉から意味を推察したのを
追記に書きました。

まぁ、興味があったらそっちもどうぞ。

続きを読む
トラックバック0 コメント0
<< 2017/10 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


Copyright © 2017 無色の翼、鳥は何処に向かうのか?. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。