作家志望の不定期ブログです。
無色の翼、鳥は何処に向かうのか?
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
BLACK FANG -DASH&DASH-
2011-08-06-Sat  CATEGORY: BF短編 -DASH&DASH-
止めて、燃やさないであげて。

・ドキドキ☆激烈バレンタインパニック(前編)
・ドキドキ☆激烈バレンタインパニック(後編)
・君のために出来ること(そのやり方には疑問あり)

▼本編
・BLACK FANG -血塗れの連鎖-



BLACK FANG -DASH&DASH-
君のために出来ること(そのやり方には疑問あり)2



「貴方のハートにお注射しちゃうぞ♪ マジカルナース、マイラ♪」
「どんな病気も私のハートで癒してあげる♪ リリカルナース、初音♪」

「「愛の救急ナース、貴方のハートに救急搬送♪」」

バタンッ!!
ガチャッ!!
どうやら熱を出し過ぎて幻覚を見たようだ。
四十度の高熱のせいで頭痛が激しくなってきた。今の幻覚は忘れて今日はぐっすり眠ろう。そうすれば、全てなかったことになって誰も傷付かない明日を迎えられる。

続きを読む
スポンサーサイト
トラックバック0 コメント0
BLACK FANG -DASH&DASH-
2011-08-05-Fri  CATEGORY: BF短編 -DASH&DASH-
むかーし、大学時代に書いた短編ですね。
ネタとして書いた習作でしたが、後悔しますw
いや、違った。公開します。

・ドキドキ☆激烈バレンタインパニック(前編)
・ドキドキ☆激烈バレンタインパニック(後編)

▼本編
・BLACK FANG -血塗れの連鎖-



BLACK FANG -DASH&DASH-
君のために出来ること(そのやり方には疑問あり)



「……何、その格好は……?」

私、大神マイラはベッドに寝込んだまま、ジト目で突っ込みを入れた。
もし、私が風邪を引いて寝込んでいる状態でなければ、激しい突っ込みを入れられただろう。しかしながら、今の私は三十九度を越す高熱にうなされている状態で、とても起き上がれる気力はなかった。


続きを読む
トラックバック0 コメント2
BLACK FANG -DASH&DASH-
2011-03-28-Mon  CATEGORY: BF短編 -DASH&DASH-
本当はホワイトデーに公開する予定だったんですが、
地震のせいで随分と遅れてしまいました。

一応、本編で書かれた小ネタを
まんま再現してあったりします。
ニーキックとかww

・ドキドキ☆激烈バレンタインパニック(前編)

▼本編の関連話
・閑話 忘却のバレンタイン
・第八章 夜明け(後編)



BLACK FANG -DASH&DASH-
ドキドキ☆激烈バレンタインパニック(後編)



問おう。
チョコレートを作るのに、それは本当に必要なのか?
その原材料不明な加工食品やら、菓子製品には不要そうな鮮度の良さそうな肉類や魚類は、チョコレート作りに必要な素材なのか? あと、何でもミキサーに掛ければいいってモノじゃないぞ、マイラ。

続きを読む
トラックバック0 コメント0
冷たい方程式、カルネアデスの板が次のテーマ
2011-03-07-Mon  CATEGORY: 小説:BLACK FANG
前回記事「刑法第37条」で出てきた
冷たい方程式、カルネアデスの板が
BLACK FANG 2 -咎人の烙印-のテーマの一つになってます。
他にも幾つかテーマを固めている最中でありますが、
メインテーマはやっぱりコレですね。

前回の終わりで、
慎が誰も犠牲にしたくないと語らせたので、
だからこそのテーマ。

犠牲がなければ、
助けられないのなら、
その犠牲を是とするべきなのか。


「愛する人を守るために、人はどれだけ罪深くなることが出来るのか。
 血塗れの連鎖は、咎人に消せない烙印を刻む」


ちなみに、章のタイトルにも使う予定。
一章は「冷たい方程式に答えなどない」です。
カルネアデスの板も使う予定です。

最終的な山場は決まってますが、
あと何個か山と谷を作っていきたいですね。
今回は珍しく「結」に迷っている感じです。
「転」は当然ある程度まとまってますが、
どうやって締めるか、次はどうすか的な感じで思案中です。

あと、「承」ですね。
やはりコレが一番厄介です。
BFの構造的な欠陥は、二人の視点を行き来して
長くなってしまうことにあるので……。

う~ん……?って感じです。

「起」の部分はもうチョコチョコ進んでいるので、
まぁ面白くなるように色々やってるとこです。

じゃあ、今日はこの辺で。
トラックバック0 コメント0
BF短編を更新したついでに
2011-02-15-Tue  CATEGORY: 小説:BLACK FANG
前回チラッとBF新シリーズの話をしたので、
そっちのことも少しだけ。

タイトルはすでに宣告している通り、
「BLACK FANG 2 -咎人の烙印-」です。
公開時期は未定なんですが、
ヘブゲ終わった後ですね。

岸部さんがねぇ……。
ちょっと特殊というか、なんというか……。
BF1でもヘブゲでもほとんど出番がなかったというか、
チラッとしか出てない彼女なんですが……、
BF2では本格的に活躍してもらう予定なんですよね。

あっ、時系列的には
ヘブゲの二年後にBFってことになってます。

あと、特に本編で詳細を語ることはないと思うので、
いろいろあった事件についても時系列順にすると、
↓みたいな感じです。

二年前
・BF1七章閑話 唯一の信仰
  ↓
・沼影、クルキアレ脱走
  ↓
ヘブンズ・ゲート
  ↓
・エディンバラの惨劇
 (詳細はBF1六章後編を)
  ↓
二年後
BLACK FANG

という感じになっております。
マイラ、沼影、岸部の三人の運命を変える事件が
全部二年前に起こっていたんですね。
まぁ、それぞれ独立した話なんですが、
それが最終的にBLACK FANGに繋がっていくんですね。




とりあえず、時系列の話は以上で。
次、BF2の新キャラの話。

こっちもすでに宣言しているとおり、執事が出ます。

その執事のプロフィールについてちょっとだけ公開です。
名前は「刈谷隆司」です。初音の教育係として仕えていました。
でも、初音が中学生になった時、とある事情でイタリアへ渡ります。
年齢は三十前。落ち着いた雰囲気のある優しげな青年。

……絵にしたら、慎より主人公っぽい感じになりましたwww


それと、もう一人新キャラ紹介。
「エリザベス・K・フィーロビッシャー(Elizabeth K Firobisher)」
通称リズです。金髪美女です。
詳細は本編で。

リズには癒し系になってほしい。
本編が暗いので。


あと、新キャラは二人か三人?
二人のうち、もう一人は完全に決まってるんですが、
もう一人の方はまだ未定。








最後、BF2全体について。
BF2はある意味、前回以上にハードな内容かも。
マイラがまた色々と悩むんですよ、全編を通して。
しかも、重い内容のことを。

一章からハードです。
マイラ視点は重いです。

慎の方は……
まぁ、相変わらずマイラの事情など知らず能天気にww
マイラが悩み隠すのもいけないんですが、
この男は人の悩みに疎いんですよねwww

なんていうか、
漫画とかゲームとかの、
わざとらしいくらいに鈍感な奴ではなく、
人が悩んでそうだなーってのに気付かない普通の鈍感。
ある意味、慎はとても普通の人なんですよね。

普通にカッコつけたりして、
普通に悩んで、頑張って、傷付いて。
でも、好きな子のために特別になろうとしている普通の少年。

でも、BF2では慎も辛い目に……。



さて、BF2の話は以上です。
じゃあ、今日はこの辺で。
トラックバック0 コメント0
<< 2017/06 >>
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


Copyright © 2017 無色の翼、鳥は何処に向かうのか?. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。